下水道

これまでの3部門5科目の合格経験に基づき、貴方の技術士二次試験受験について徹底的にサポートさせていただきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつも大変お世話になっております。

もうすぐ平成26年度の技術士二次試験合格発表の時期ですが、受講希望者の皆様に残念なお知らせをする決意をいたしました。
現在、病気療養中で手術等のため入退院を繰り返している状況であり、十分な指導ができる体制とはほど遠い状況です。
このため、平成27年度の添削講座につきましては、病気療養に専念する必要性を踏まえ中止とさせていただきます。

誠に勝手な判断ですが、受講生様にご迷惑がかかるような最悪な事態を回避すべく断腸の思いで決断いたしました。

どうかご理解の程何とぞよろしくお願い申し上げます。

平成27年2月22日 詐欺士
スポンサーサイト

タグ : 講座案内 お知らせ 都市及び地方計画 下水道 建設環境 河川 砂防及び海岸・海洋

問題II-1 (専門知識)
昨年同様1枚物を2題解答する形式でした。
特筆すべきは、これまで長年の伝統だった「A・B両グループからそれぞれ選んで答える」という縛りがなくなったことです。これまで、私のような下水道計画や管路設計を専門とする受験者でも、水処理についての問題を必ず選び答えなければなりませんでしたがこれがなくなったのです。私自身受験時には「Bグループ」に苦しんだ経験がありますので今後の受験者にとっては吉報といえるのではないでしょうか。

II-1 次の4設問のうち2設問を選び解答せよ。


II-1-1 地方公共団体における下水道事業経営の厳しい現状を踏まえて、経営基盤を強化するための取組について歳出・歳入の両面から述べよ。


II-1-2 下水管きょの施工法には、大きく分けて、開削工法、推進工法、シールド工法があるが、各工法の長所と短所を列挙せよ。
II-1-3 固形物滞留時間(SRT)の概念を活性汚泥法施設設計に用いることの意義を述べよ。また,活性汚泥法をSRTの大小に分類し、それぞれの特徴を述べよ。
II-1-4 下水汚泥の濃縮法として機械濃縮の方法を3つ挙げ、それぞれの方法の特徴と設備構成の概要を述べよ。


今年は「下水道経営」「下水道管きょの施工方法」「SRT(固形物滞留時間)」「汚泥の機械濃縮プロセス」の4つがネタにされました。1問目と2問目が旧Aグループ、3問目と4問目が旧Bグループに該当します。
II-1-1の下水道経営の解答は、人口減少や経済の低成長に伴う税収減等を簡単に嘆いた上、「維持管理の効率化、民活導入」や「企業会計への転換」等を歳入と歳出に分けてさらりと書いてあれば問題ない気がします。
II-1-2は受験者の多くを占める管路計画・設計技術者へのサービス問題ですね。無勉でも楽勝で書けると思います。
II-1-3は「SRT」を理解してなければ書けません。「SRTを長くとるとどうなるか」とかを的確に勉強しておく必要があります。
II-1-4は機械濃縮プロセスです。「遠心」「浮上」「ベルト式濾過」の3つが簡潔に説明できていればいいと思います。
問題II-2(応用能力)
昨年同様、解答2枚物の問題でした。昨年と異なり、他の科目と同様全問「あなたが業務を進めるに当たり」を条件設定に基づき実務手順や留意点を問うものでした。

II-2 次の2設問のうち1設問を選び解答せよ。


II-2-1 我が国では、高度経済成長期以降に下水道整備が急速に進められ、管路施設や処理場等の下水道ストックが増大している。今までに整備された下水道施設は、日々劣化し、老朽化等による道路陥没の発生や処理機能の停止に陥る危険性があり、日常生活や社会活動への重大な影響が懸念されている。
今後,さらに増加する下水道ストックや老朽化する下水道施設全体を将来にわたって適切に維持管理・改築・修繕していくための手法として、ストックマネジメントが着目されている。あなたが施設管理の担当責任者としてストックマネジメントを導入、実践する場合、下記の内容について記述せよ。
(1)導入により期待される効果
(2)業務を進める場合の手順
(3)業務を進める際に留意すべき事項


II-2-2 1995年の阪神・淡路大震災、2004年の新潟県中越地震、2011年の東日本大震災と、日本各地で頻繁に地震災害が起きている。
一方、2001年のニューヨークWTCテロ以来、BCP(業務継続計画)は、企業の危機管理対策として重要な地位を占め、現在では、国や地方公共団体も、災害時などの危機に対応して行政サービス業務を継続することを目的とする公共版BCP(自治体BCP)の策定に取り組み始めた。
あなたが、地方公共団体で下水道BCPの策定業務を進める担当者であるとして、下記の内容について記述せよ,
(1)下水道BCP策定の手順と留意点
(2)下水道BCP策定に当たり全庁BCP、地域防災計画と調整すべき事項
(3)下水道BCP策定後、継続的に改善させていくために必要な事項。


こちらの方は、「ストックマネジメント」「BCP」と大方の予想通りのネタについて、細かい解答指定などがある設問でした。他の科目と比較して、ダイレクトでストレートな出題だったと思いますので平均点は高そうです。
問題III(課題解決能力)
昨年同様解答構成の細かい指定がある長文問題でした。

III 次の2問題のうち1問題を選び解答せよ。


III-1 我が国の下水道による処理人口普及率は、平成24年度末現在で76.3%(福島県を除く)に達しているが、全国においては未だに多くの未普及地域が存在しており、その早急かつ効率的な解消が求められている。このような状況を考慮し、下水道の技術者として以下の問いに答えよ。
(1)未普及地域が未だに多数存在する要因を列挙するとともに、早期解消を図るために検討しなければならない事項を多様な視点から述べよ。
(2)上述した検討しなければならない事項の中から、あなたが特に重要と考える技術的課題を2つ挙げ、解決するための技術的提案を示せ。
(3)あなたの技術的提案がもたらす効果を具体的に示すとともに、実行する際のリスクや留意点について述べよ。。


III-2 現在、我が国の下水道事業は多岐にわたる課題に直面する中、質が高く持続可能な下水道事業を維持し、さらに向上させていくことが求められている。一方、近年のICT(情報通信技術)の普及拡大には著しいものがある。このような状況を踏まえ、ICTを活用して健全な下水道事業の運営をするための方策について、以下の問いに答えよ。
(1)下水道事業運営に関する現状と課題について、下水道施設、経営、組織体制の3つの観点から幅広く述べよ。
(2)上述した課題のうち、ICTにより解決可能と思われる課題を2つ挙げ、それぞれについてICTを活用した解決策を提案せよ。
(3)あなたの提案がもたらす効果を示すとともに、そこに潜むリスクについて述べよ。


取り上げられたネタは「未普及地域の解消」と「ICT活用による持続的な下水道運営」です。
前者はこの高普及率時代では意外でした。でも、全県構想見直しマニュアルの改定や汚水整備クイックプラン等のネタもありますので、これらに沿った記述ができていればいいのかなと思います。
後者については、私自身は新下水道ビジョンが出されたこともあり「持続的な下水道運営」がネタにされると確信していましたが、「ICT」を条件にされるとは・・・。GIS活用や雨水管理計画における制御等だけをネタに書くのはかなりつらそうです。いずれの設問も他の科目同様「施策に伴う負の影響(リスク)」にも言及しています。今後、課題解決能力の問題では「負の影響」も必ず検討しておく必要があると思います。また、長文で解答指定事項が細かいため、記述前にまず「問題文は何を書けといっているのか」をきちんと把握した上で、適切な章立て等の構成を検討することが求めらると思います。
総論(建設環境)
下水道はなんといっても「A・B両グループに答える必要はない」が大きいです。来年以降もしばらくは踏襲すると考えて良いと思います。

タグ : 予想問題 下水道

ちょうど昨日、ある受講生さんから「講習を受けてきましたが出そうな感じです」との御報告を受けたのですが、下水道施設の耐震対策指針と解説の改訂版が今月末に出ることが、日本下水道協会から5月28日付で発表されました。

下水道施設の耐震対策指針と解説 2014 (5月下旬発刊予定)

下水道施設の耐震対策指針と解説-2014年版-
<目次>
第1章 総論
第2章 下水道施設の耐震設計
第3章 下水道施設の耐津波設計
第4章 管路施設の耐震設計・耐津波対策
第5章 処理場・ポンプ場施設の耐震・耐津波設計
第6章 機械・電気設備の耐震設計・津波対策
第7章 既存施設の耐震・耐津波対策
第8章 既存管路施設の耐震・耐津波対策
第9章 既存処理場・ポンプ場施設の耐震・耐津波対策
 
本書は、「下水道施設の耐震対策指針と解説-2006年版-」を改訂したものです。 東北地方太平洋沖地震等を踏まえ、改定するものであり、主な改定点は以下のとおりです。
① リスクマネジメントの観点からリスク対応レベルの概念を導入した地震・津波対策の考え方を示した。
② 耐津波対策の基本的な考え方を示すとともに、構造面で求められる耐津波性能とその照査方法について示した。
③ 管路施設の差し込み継ぎ手管きょ(中大口径管)において、周面せん断力を考慮した設計手法を示した。
④ 管路施設の埋戻し土の液状化対策について充実化を図った。
⑤ 既存処理場・ポンプ場施設の耐震対策において、段階的な耐震性能の設定とその照査方法を示した。
 
なお、「道路橋示方書」、「コンクリート標準示方書」、「共同溝設計指針」等の参考文献が改定された際には、委員会等を開催し、これらの参考文献の改定内容を検討し、取扱いについて当協会のホームページでご案内します。



改定の検討が進められ、昨年中間報告書が出たりはしていましたが、ここにきての正規の改定です。
時期的に見ても、非常に出題のネタにされる確率が高い感じがします。
改定の内容は、上記の中間報告書で詳しくまとめられています。
下水道で受験される方は改定の内容を十分把握、知識として準備することが必須だと思います。

タグ : 予想問題 下水道

国土交通省では、昨年10月より、「新下水道ビジョン」なる基本方針を議論しています。
●平成26年4月段階の試案はこちらの会議資料で入手することが出来ます
これが正式に出されるのは6月ということです。
まあ、作問時期はとっくに終わっていますが、試験(8月)よりは前に出されるため注意した方がいいと思います。
平成18年に私が河川に合格したときのことです。
作問時期をとっくに過ぎたその年の5月のおわりに【提言「多自然川づくりへの展開」】というものが国土交通省から示されました。
作問時期は過ぎていたことは知っていましたが、私はこれを集中的に学習したところ、本番ではドンピシャリの問題が出ました。
結局提言の概要版みたいなこと(さすがに「多自然型川づくりから多自然川づくりに展開すべきである」とは書きませんでしたが・・・)を書いてA評定を頂くことが出来ました。
ということで、下水道で受験される方は、6月に正式版が出たら熟読して本番に望むことをお勧めします。

タグ : 下水道 予想問題

国土交通省から、「ストックを活用した都市浸水対策機能向上検討会の報告書」というものが発表になりました。
 

●ストックを活用した都市浸水対策機能向上検討会の報告書の公表について
~ストックを活用した都市浸水対策機能向上のための新たな基本的考え方~

 「ストックを活用した都市浸水対策機能向上検討委員会」においては、平成25年7月の第1回会議以降、計3回にわたり、これまでの浸水対策のあり方を成熟化させ、ハード・ソフト対策を組み合わせた既存ストックを活用したより効率的かつ効果的な浸水対策の確立及び実施について、平成26年3月まで調査・審議を重ねてきたところです。
 この度、ストックを活用した都市浸水対策機能向上のための新たな基本的考え方をとりまとめましたのでお知らせします。

【最終とりまとめ(平成26年4月)】
・ストックを活用した都市浸水対策機能向上のための新たな基本的考え方(277KB)PDF形式
・概要版(694KB)PDF形式
・参考資料(4,391KB)PDF形式
・委員名簿(86KB)PDF形式


内容としては、河川や都市計画等と同様、「防災から減災」「既存ストック活用」に重きを置いたものですが、問題作成時期の真っ最中なのでネタにされる可能性が高いと思います。例題は次回改定の問題集に載せておきます。

タグ : 下水道

国土交通省から、昨年10月から検討が進められていた「今後の水資源政策のあり方~「幅を持った社会システム」の構築(次世代水政策元年)~」の中間報告がありました。

(お知らせ)
 平成25年10月22日に国土交通大臣より国土審議会に対し「今後の水資源政策のあり方」について諮問し、国土審議会水資源開発分科会調査企画部会にて、平成25年10月28日の開催以来、計9回にわたり審議を行いました。
 この度、中間とりまとめとして、「今後の水資源政策のあり方~「幅を持った社会システム」の構築(次世代水政策元年)~」がまとめられましたのでお知らせします。

審議の経過及び公表資料はこちらをご参照下さい。
  http://www.mlit.go.jp/policy/shingikai/s103_chousakikaku01.html

【中間とりまとめ:公表資料】
 資料1 国土審議会水資源開発分科会調査企画部会 委員名簿
 資料2 「今後の水資源政策のあり方について」審議の経過と今後の予定
 資料3 今後の水資源政策のあり方について~「幅を持った社会システム」の構築(次世代水政策元年)~  中間とりまとめ【主な内容】
 資料4 今後の水資源政策のあり方について~「幅を持った社会システム」の構築(次世代水政策元年)~  中間とりまとめ
 参考1 今後の水資源政策のあり方について~「幅を持った社会システム」の構築(次世代水政策元年)~  中間とりまとめ【参考資料集】
 参考2 今後の水資源政策のあり方について~「幅を持った社会システム」の構築(次世代水政策元年)~  中間とりまとめ【概要】 等
 参考3 諮問事項 今後の水資源政策のあり方について



「中間発表」ではありますが、時期が時期だけにネタにされやすいと思います。そしてこれに関した問題が出るとすれば、ほぼ間違いなく「問題III・課題解決能力」だと思います。「下水道」「河川、砂防及び海岸・海洋」「建設環境」の受験者は是非とも一読し、内容を整理するとともに自らの科目で出題された場合の対応を検討しておいてください。

問題II-1 (専門知識)
予想通り、1枚物の出題でした。Aグループ(計画・管路施設)とBグループ(水処理)の双方への解答を強いられるという悪しき慣習も踏襲されました。この辺、1枚物が今年からお目見えした建設部門などとはえらい差です。但し、設問数が4問(A・B2問づつ)に減りましたのでより広い範囲を予習しておくことが求められると思います。


【Aグループ】


II-1-1 下水道長寿命化計画を策定する目的と計画の策定で検討すべき事項について述べよ。


II-1-2 合流式下水道の改善について、当面の改善目標を3項目挙げ、内容を説明するとともに、それぞれについて異なる対策を2例ずつ挙げよ。また、対策を強化すべき重要影響水域について説明せよ。


 【Bグループ】


 II-1-3 膜分離活性汚泥法のプロセス構成上及び処理機能上の特徴を説明するとともに、下水道施設に適用する場合の設計上の留意点を述べよ。


 II-1-4 下水処理場や汚泥処理場における臭気の発生する場所を列挙するとともに、臭気を防除する方法について述べよ。


Aグループは長寿命化計画とCSO対策、下水道界の王道のようなネタですね。それなりに勉強さえしていれば十分書けたと思います。
Bグループは「膜分離活性汚泥法」と「臭気対策」ですか・・・。処理場やったこと無いと難しいですね。私なら膜分離を選んで「特徴:最終沈殿池がいらないので用地が狭くてよい」「留意点:つまり防止の対策を講じる必要がある」位しか書けない・・・。今年受けたら厳しかったみたいです。


問題II-2(応用能力)
こちらは予想通り解答2枚物の問題でした。他の科目と同様「あなたが担当者として」という仮定の下での業務手順や留意点を書くものでした。

II-2-1 下水汚泥のエネルギー化技術の導入担当者として、事業手法や地球温暖化対策等を考慮しつつ業務を進める場合、以下の項目に関してどのように対応するか記述せよ。

(1)事前に調査する必要がある事項

(2)業務を進める手順

(3)業務を進める際に留意すべき事項


 II-2-2 既存の下水道処理場において、新たに窒素を対象とする高度処理化を図るため、高度処理方法の選定を行うことになった。あなたが、この業務を担当者として進める場合、以下の項目、内容に関してどのように対応するか記述せよ。

(1)高度処理法法の選定当たって、事前に調査・確認すべき内容

(2)高度処理法の選定手順(3)高度処理法の選定に当たって、留意すべき事項


設問の内容はありきたりな「汚泥の有効活用」「高度処理適用」でした。
2問とも水処理関連の出題でした。昔、私が受けた時もそうでしたが、下水道は処理場関連業務経験者優遇で、相変わらず土木技術者には厳しい内容だと思いました。


問題III(課題解決能力)
昨年までの上下水道一般のように「課題を抽出した上解決策を書け」スタイルだと予測していましたが、むしろ総監に近いような、長文で、解答要求事項が細かい問題でした。
ただし、昨年までの上下水道一般では、「上下水道」について書かなければならなかったのに対し、今年からは「下水道のみ」が対象になりました。この辺は大きく負担が軽減したと思います。


III-1 都市化の進展等による雨水流出量の増大や地下空間の高度利用など都市構造が変化する中、下水道施設の整備水準を大きく超える集中豪雨により、人命や都市機能に重大な影響を及ぼす浸水被害が顕在化している。 このような状況を踏まえ、浸水被害を軽減するために実施する下水道の総合的な浸水対策について、以下の問いに答えよ。

(1)計画を立案する上での基本的な考え方について述べよ。

(2)優先的に対策を実施する地区を選定する上で調査すべき事項を列挙するとともに、経済性、安全性及び早期実現性の観点から考慮すべき内容を述べよ。

(3)自助・公助の考え方に基づいた具体的な対策についてハード、ソフトの両面から述べよ。


 III-2 我が国では、近年の急激な都市化や産業構造の変化、また気象の変化等により、長い時間をかけて築かれてきた水循環系が損なわれる事態が発生している。21世紀社会の持続的な発展のためには、安全で快適な生活及び健全な生産活動が実現するとともに環境の保全に果たす水の機能が確保されるなど、人間の諸活動と水循環系との調和を図っていくことが求められている。そういった状況を考慮して、以下の問いに答えよ。

(1)健全な水循環系を再構築するために、検討しなければならない事項を多面的に述べよ。

(2)上述した検討すべき事項を踏まえ、あなたが特に重要と考える技術的課題を2つ挙げ、解決するための技術的提案を示せ。

(3)あなたの技術的提案がもたらす効果やメリットを示すとともに、そこに潜むリスクやデメリットについても言及せよ。


問題IIIのネタは「ハード・ソフト連携による浸水対策」と「健全な水循環・良好な水環境」、双方とも昔から毎度のように出ている普遍的なネタです。準備をされた方はそこそこ書けたのではないでしょうか。


総論(下水道)
下水道については「1枚物」が昨年までもありほぼそれが踏襲されています。このため、今回の改正で、「上水道に関しての記述問題が無くなった」という負担軽減が大きかったのではという感じがします。

タグ : 下水道 過去問

二~三日前と比較して今日は本当に寒い。
このところの陽気で、天気が良ければ海にでも遊びに行こうと思っていましたが、とてもそんな気失せるような寒い週末になりました。
こうした中、今年技術士二次試験を受験される方々は、そろそろ業務経歴票が仕上がってきたみたいですね。でもあわてることはありません。GW開けまでいろんな人の意見を聞いたり、じっくり推敲・修正をかけたりして、十分満足のいくものを作って提出してください。
さて、多数の受講生様から、「専門問題Ⅱはどのような出題形式になるのか」というご質問を受けています。
正直なところ、私も本当のところはわかりませんが、断片的、かつ確実な情報から推測する作業をしています。
今日は、先週出向いた日本技術士会の試験制度改正説明会の結果に基づいて、再度考察、現段階で予測される事項をとりまとめてみたいと思います。
まずは、技術士会から「専門問題Ⅱ」について、今年1月に公式リークされている事項を再掲します。

◆問題の種類
「選択科目」に関する専門知識及び応用能力

◆概念
○専門知識
「選択科目」で対象とする技術分野全般にわたる専門的な知識
○応用能力
これまでに習得した専門的知識や経験等に基づいて、与えられた与条件に合わせて正しく問題点を認識し、必要な分析を行い、適切な業務プロセスや留意すべき内容を説明できる能力

◆内容
○専門知識
「選択科目」における重要キーワードや新技術等に対する専門的知識を問う。
○応用能力
「選択科目」に関する業務に関し、与えられた条件に合わせて、専門的知識や実務経験に基づいて業務遂行手順が説明でき、業務上で留意すべき点や工夫を要する点等についての認識があるかを問う内容とする。

◆配点
40点/満点110点


続いて、先日報告書を送付させて頂いた、4月12日の試験制度説明会で、問題Ⅱに関して講師が開かした事項を以下に整理します。

(1)説明の中で、講師がポロッと「専門知識を600字2枚、応用能力を600字2枚で確認」と発言した
(2)出題数は解答数の2倍程度を相変わらず強調していた
(3)「応用能力の問題でもっとも重要なのは実務経験です」ということを強調していた
(4)講義後の質疑応答で「応用能力については実務経験に基づいた知識を試す問題とのことですが、そうした問題について、実務経験が無くとも知識があれば解答して問題ないでしょうか」という質問をした出席者がいました。講師はこれに対し「私は試験委員でもあり、それに答えることは受験指導に当たってしまうのでノーコメント」と解答拒否


以上の情報を整理するとともに、これに基づいてあらためて出題を考察してみました。
■問題の数
 ○「選択科目」に関する専門知識及び応用能力を確認する
 ○説明の中で、講師がポロッと「専門知識を600字2枚、応用能力を600字2枚で確認」と発言
以上から、本講座の問題集でも仮定で予測しているとおり、「Ⅱ-1」「Ⅱ-2」の2問構成になる可能性が高いと考えています。
但し、以下のような2つをまとめて1問で確認する問題も考えられます。
【都市及び地方計画】
近年我が国では、都市構造を集約したコンパクトなまちづくりという概念が注目されている。
(1)都市構造の集約を求められるようになった背景と意義について、解答用紙2枚以内に記述せよ。
(2)あなたが実際に行った業務の中から、都市構造集約を図った事例を選んだ上、業務概要、業務を実施した手順、実施にあたっての課題や留意点について、解答用紙2枚以内に記せ。
【下水道】
厳しい財政状況の中、下水道事業におけるコスト縮減に向けた取り組みの重要性がますます高まっている。
(1)下水道事業におけるコスト縮減に向け、あなたが重要と考える取組を2つ挙げ、その概要と取組に当たっての留意点について、解答用紙2枚以内で述べよ。
(2)あなたが行った業務のうち、実際にコスト縮減に向けた提案を行い効果が発揮出来たと思うものを選び、業務概要、実施手順、成果について解答用紙2枚以内に記述せよ。
【河川、砂防及び海岸・海洋】
気候変動等が遠因とされるいわゆる「ゲリラ豪雨」の頻発によって、都市部を中心に水災や土砂災害のリスクが高まっている。
(1)ゲリラ豪雨による災害に対する方策として、あなたが有効と考えるものを2つ選びその概要、方策推進のあり方について、解答用紙2枚以内で論ぜよ。
(2)あなたがこれまで行った業務のうち、ゲリラ豪雨対策として効果があったと思われる物を選び、概要とどのような効果があったと考えるかについて、解答用紙2枚以内で論ぜよ。
【建設環境】
建設工事を実施するに当たっては、工事や完成した施設が自然環境に与えるインパクトを十分検討した上で、必要なミティゲーション措置を講じることが重要である。
(1)ミティゲーションの手法から代表的な分類を3つ選び、概要及び具体的手法について解答用紙2枚以内で述べよ。
(2)あなたが実際に行った業務の中から、ミディゲーションとして効果があったと考える事例を一つ選び、業務概要、実施したミティゲーション手法、成果及び現時点における再評価について解答用紙2枚以内で述べよ。
以上のような出題形式も十分考えられます。
■1問当りの出題数
昨年までは、例えば「河川、砂防及び海岸・海洋」のBグループの場合、「河川」「ダム」「砂防・地すべり」「海岸・海洋」と細分化された分野毎に各2問、計8問とたくさんの問題が出題されていました。しかしながら、「これまで部門や科目ごとにまちまちだった1問あたりの出題数は解答数の2倍程度に統一する」方針が示されました。試験制度改正説明会でも講師がこのことを強調していました。
たった2問で「河川」「ダム」「砂防・地すべり」「海岸・海洋」に対応出来る出題となると、抽象的、大まかなテーマ(地球温暖化防止・コスト縮減・維持管理の適正化等等・・・)とならざるを得ません。これが本当だとすると、今まで出されていた「分野毎の細分化された話題」に基づいた出題は皆無になるのかもしれません。
但し、新設される「課題解決能力」の問題も、やはり科目に共通した抽象的、大まかなテーマに関しての出題可能性が高いと考えています。また、「解答数の2倍程度」の解答数とは、科目の解答数ではなく、「河川」「ダム」「砂防地すべり」「海岸・海洋」の各細別分野毎の解答数を指しているのかもしれません。その場合は各分野でで2問づつですので現行を踏襲することになります。
1問あたり出題数についてまとめます。
専門知識(Ⅱ-1)は、【「選択科目」で対象とする技術分野全般にわたる専門的な知識】という概念からも、科目解答数の2倍程度の出題数が予測されます。
応用能力(Ⅱ-2)は、後記する経験や手順の問題の場合はある程度抽象的な表現(受験者の経験で分野等は選べる)の問題が2問程度出されることが考えられます。一方で、解答数をこれまでの細別分野の解答数と解釈した場合は従来を踏襲する問題数となる事も考えられます。さらに、上記した様な「専門知識と応用能力双方を1問で問う形式」の場合は、2問程度の非常に少ない問題数が予測されます。
 ■専門知識(問題Ⅱ-1)の内容
公式発表の【「選択科目」で対象とする技術分野全般にわたる専門的な知識】を踏まえた場合、技術分野全般という縛りから、例えば【都市及び地方計画 】の場合は、「都市緑化」「省エネルギーを目指したまちづくり」「コンパクトシティ」などがネタに出される可能性が高いと考えています。
■応用能力(問題Ⅱ-2)の内容
公式発表の「これまでに習得した専門的知識や経験等に基づいて、与えられた与条件に合わせて正しく問題点を認識し、必要な分析を行い、適切な業務プロセスや留意すべき内容を説明できる能力」からすると、ある程度細分化された分野を前提とした出題を予測していました。
しかしながら、試験制度改正説明会において、
○講師が「応用能力の問題でもっとも重要なのは実務経験です」ということを強調していた
○講義後の質疑応答で「応用能力については実務経験に基づいた知識を試す問題とのことですが、そうした問題について、実務経験が無くとも知識があれば解答して問題ないでしょうか」という質問をした出席者がいました。講師はこれに対し「私は試験委員でもあり、それに答えることは受験指導に当たってしまうのでノーコメント」と解答拒否
という大きな2つの事象がありました。
これを踏まえた場合、あるテーマを与えられるとともに、当該テーマに関する経験記述のような問題も十分考えられるのではないかと思います。科目ごとに例示してみます。
【都市及び地方計画】
あなたが実際に行った業務の中から都市構造集約を図った事例を選んだ上、業務概要、業務を実施した手順、実施にあたっての課題や留意点について、解答用紙2枚以内に記せ。
【下水道】
あなたが行った業務のうち、下水道事業のコスト縮減効果があったと考える物を選び、業務概要、実施手順、成果と今後の展望について解答用紙2枚以内に記述せよ。
【河川、砂防及び海岸・海洋】
あなたがこれまで行った業務のうち、ゲリラ豪雨による都市型水害や土砂災害対策として効果があったと思われる物を選び、概要とどのような効果があったと考えるかについて、解答用紙2枚以内で論ぜよ。
【建設環境】
あなたが実際に行った業務で、ミティゲーションとして効果があったと考える事例を一つ選び、業務概要、実施したミティゲーション手法、成果及び現時点における再評価について解答用紙2枚以内で述べよ。
要は前述の「あわせて二つを1問で解答させる形式」の後ろ半分だけですが、このような出題形式も十分考えられます。
【結論】
応用能力(Ⅱ-2)に関しては、現在までになされている公式発表や試験制度改正説明会の内容からは、正直どのような問題が出されるかを断定することはできません。ただし、情報からは少なくとも以上に示したような事項はいえると思います。このため、少々大変ではありますが、上記したようないずれの問題についても対応出来るよう準備を進めておくしか策はないのかなと考えています。
今年3月に国土交通省、水管理・国土保全局下水道部から、「水環境マネジメント検討会報告書」というものが示されています。
内容は、「新しい時代の水環境マネジメントのあり方を検討するとともに、下水道行政としての具体的な対応方策のあり方を検討したもの」との位置づけです。
具体的には、「今後の下水道はいかにあるべきか」みたいなことが書かれており、出された時期からも、二次試験のネタ(問題Ⅱ-1もしくは問題Ⅲ)に激しくされそうです。下水道で受験する方は是非ともご一読して内容を把握しておくことをお勧めいたします。

タグ : 下水道 予想問題

●上下水道部門・下水道 (問題II)
●ご覧頂くに当たっての留意事項
まずはじめに、ここに書いた内容は、平成25年2月段階で収集可能な情報に基づき推察した内容であり、確定的事項ではない。その旨十分留意した上でお読み頂きたい。なお、平成25年8月に試験問題が明らかになった時点等で、必要に応じ内容を修正する予定であることを付記しておく。
「選択科目に関する専門知識や応用能力」を問うもので、従来の選択科目(俗に言う「専門問題」)を踏襲する位置づけとなっている。但し、平成25年度からは、記述ボリュームが従来の600字×6枚=3600字から600字×4枚=2400字へと軽減される。
試験で問われる内容に関し、オーソライズされている事項は以下の通りとなっている。
◆問題の種類
「下水道(選択科目)」に関する専門知識及び応用能力
◆概念
○専門知識
「下水道(選択科目)」で対象とする技術分野全般にわたる専門的な知識
○応用能力
これまでに習得した専門的知識や経験等に基づいて、与えられた与条件に合わせて正しく問題点を認識し、必要な分析を行い、適切な業務プロセスや留意すべき内容を説明できる能力
◆内容
○専門知識
「下水道(選択科目)」における重要キーワードや新技術等に対する専門的知識を問う。
○応用能力
「下水道(選択科目)」に関する業務に関し、与えられた条件に合わせて、専門的知識や実務経験に基づいて業務遂行手順が説明でき、業務上で留意すべき点や工夫を要する点等についての認識があるかを問う内容とする。
◆配点
40点/満点110点
※2問の出題となった場合、「専門知識」「応用能力」それぞれが20点づつの配点となることが予測される。
■出題形式予想
従前形式を踏襲したいわゆる「専門問題」である。600字×4枚ということ、「専門知識」「応用能力」のそれぞれを問うと明言していることから、2問の出題、すなわち「600字×2枚×2問」という出題形式であろうと推測される。 なお、「応用能力」の問題は、これまでの形式(A、Bそれぞれのグループから選択)が踏襲される可能性が高く、その場合には600字×1枚×2問になることが推察される。
○専門知識
「専門知識」は、「下水道」全般に関するネタが想定される。
即ち、従前のI-2の問題と同様と考えている。例えば、以下のようなテーマについて、見識を問われるものである。
 ●地震・津波対策
 ●下水道施設空間の有効活用
 ●ストックマネジメント
 ●下水道のエネルギーとしての有効活用
○応用能力
「応用能力」は科目の中で、さらに技術分野細部に関する具体的な出題であり、従前の問題のI-1が踏襲されると考える。伝統となっている、Aグループ(管渠や計画)から1問、Bグループ(水処理)から1問選択という形式はおそらく継続となろう。したがって、Aグループ、Bグループとも、600字×1枚の短答式で解答させる出題が想定される。
○受験準備方法
昨年までと同様、過去問、あるいは社会情勢、技術動向等から予測される出題テーマに基づき、「現状」「課題」「課題解決に立ちふさがる問題点」「解決方策のあり方」をしっかり認識しておくこと、そして、これを的確かつ従来より簡潔な文章として論述する能力を醸成することが求められる。 これには、いわゆる「骨子法」で要点を整理しておくことが非常に有効と考える。また、模擬答案を作成した上、これについて添削指導を受けることも解答作成能力向上策として非常に重要である。特に、論述に当たっては、解答ボリュームの縮減に伴い、従来より短文での表現が求められる。簡潔かつわかりやすい文章の作成能力が昨年まで以上に必要になってくると考える。
一方、「昨年と比較して全般的に出題数を減らす」ことが明言されている。このため、確率論として、より多くのネタについて学習しておくことが、試験突破には有利になることが想定される。

タグ : 下水道 予想問題

 | Copyright © 技術士受験徹底指導・詐欺士の添削塾 All rights reserved. |  Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。