受験申し込み

これまでの3部門5科目の合格経験に基づき、貴方の技術士二次試験受験について徹底的にサポートさせていただきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
平成26年度の申し込み様式PDFが発表になったのは昨日書きました。
ダウンロードしていじってみたら、「業務内容の詳細」は変更無い(40字×18行)ものの、業務経歴票(証明書)の記入欄は入力できる文字数が大幅に増加していました。
h26youshiki.jpg

特に、それぞれの年次の業務内容の詳細について書こうと思えばかなり詳しく書けます。
但し、昨年程度の量を超えた文字数を入力すると、フォントが勝手にどんどん小さくなっていってしまうようです。中高年が主体の試験官にとってはお世辞にも「読みやすい」物とはいえなくなるリスクがつきまとうということです。
まあ昨年程度のボリュームを基本とし、どうしても詳細が記入したい場合には活用した方がいいといった感じでしょうか・・・
スポンサーサイト

タグ : 受験申し込み 技術士

業務経歴票の用紙変更ですが、「蓋を開けたら違った」ということもあり、SUKIYAKI塾の掲示板を見るとかなり皆さんあたふたしているみたいです。
そんな中、PMPさんという人が本件に関し技術士会に照会した内容を公開してくれました。ありがたいことです。
これを拝見しますと、どうやらフォントなどを工夫したワード文書を用紙に貼り付ける手法はOKみたいです。
私の手許の様式の改造も済みましたので、実際にやってみることにしました。

(1)用意する物は、技術士会の用紙、改造した検討様式に記入した論文、はさみ(もちろんカッターでもOK)、そしてメインディングテープです。
CIMG0512.jpg 

(2)まずは表枠の内側すれすれで切り取る作業です。
CIMG0513.jpg 

(3)切り取ったら、技術士会の様式を台座にして位置決めです。傾かないよう入念に!
CIMG0514.jpg 

(4)位置決めしたら、外縁をベターっとメインディングテープで囲むように貼ります。こうすることで、コピーした時ほとんど陰が出来なくなります。(昔こうして構造図等をいろいろトレペに貼り付け二原とって成果品を作ったな・・・)
CIMG0515.jpg 

(5)完成!、早速ゼロックスをとってみました。左が原稿で右がゼロックスした物(こちらを提出する)です。うーん、いい感じじゃないでしょうか!
CIMG0516.jpg 
なお、行数を修正した様式は、本日各受講生様にお送りいたします。
届かない場合はご一報下さい!
年度も替わり、技術士を目指す方はいよいよエンジンをかける時が来ました。
こうした中、日本技術士会から受験申し込みの手続きや申込用紙ファイル等が発表になっています。
申込用紙は1月に発表されていたのですが、若干変更になっているようです。
mousikomi.jpg 
業務経歴論文が、以前の物は、48字×15行だったのが、40字×18行に変更になっています。また、上の試験的に書き込んだ物を見てもわかるように、勤務先は10字×3行のスペースがあるものの25字しか打ち込めません。
ただ、技術士会は、「720字以内であれば一行の文字数や行数はこだわらない」「この用紙の使用が大前提だがワード等で作成したものを貼り付けてコピーした物でもよい」といっているようです(H25,04,03SUKIYAKI塾の掲示板より)。であれば、ワードでゴシックや下線も含んだわかりやすいビジュアルな物を作り、貼り付けてコピーをとるのが一番得策だと考えます。
とりあえず、貼り付けベースとなる様式について至急検討し、受講生様各位に支給させていただきたいと思います。
技術士二次試験の申し込みが始まりました。

とはいえ、業務経歴書は口頭試問までたどり着いた際には試験の重要な要素になります。
慌てても仕方ありません。じっくり検討して提出しましょう。
さて、復旧をあきらめていたFC2サーバの過去データですが。なんとか復旧したようです。
逆にこちらで再構築した物がある場合、2こ同じ文章があったりしてて見づらかったようです。
一応ひととおり修正をしました。
また、消極的ですが、例題の方もぼちぼち追加していきたいと思います。
※どの分野も思いつくのはやはり震災関連になってしまうのが鬱ですが・・・。
以上何卒宜しくお願いいたします。

 | Copyright © 技術士受験徹底指導・詐欺士の添削塾 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。