口頭試験

これまでの3部門5科目の合格経験に基づき、貴方の技術士二次試験受験について徹底的にサポートさせていただきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
来年度の試験制度改正で、専門科目に「課題解決能力」を問う出題が新設されるようです。
今のところ発表では以下の通りとなっています。
●600字×3枚以内
●出題は「選択科目」に関する課題解決能力を問うもの
●時事的な問題に偏らず「普遍的な課題」から出題

もう少しわかりやすくいうと、以下のような問題なのかなと考えています。
○単なる結果だけでなく、検討のプロセスを書かせる出題
○時事ネタではなく基本的、基礎的なネタを取り上げた出題
例題を挙げると、例えば河川なら「流域や計画規模、土地利用状況等の条件を与えられ、具体的な河道計画について記述させる」、下水道なら「地盤条件や管径、地域や交通等環境条件などが与えられ、適正な管路掘削方法について記述させる」といったようなものが想定されると思います。実際に「鋼構造及びコンクリート」や「土質及び基礎」、「トンネル」等では昔からこのような出題がされてきたし、昨今は最近触れましたが河川などでも見受けられるようになりました。
こうした出題に対しては、たとえいくら関連知識が豊富であっても、それを書きつづるだけでは絶対A評定はとれません。
キチンとした裏付けに基づいて、適正に技術的判断をし、結論を導く能力がなければ合格は難しいと思います。
そして、この能力こそが「課題解決能力」であり、技術士として具備しているべき能力と考えています。
口頭試験も筆記試験も目的は一緒です。結局は「技術士としてふさわしい人物か」「技術士としてふさわしい能力があるか」が試されているということです。
さて、「この業務の具体的にどういうところが技術士としてふさわしいと思うのですか?」
口頭試問で受験者に浴びせられる定番の質問です。
これに対し、単に「○○工法を採用したことです。」「△△による解析を設計に取り入れたことです。」という答えはしてはいけません。いくらその「○○工法」や「△△による解析」が技術的に高度で優れているとしても、そんなこと自体は「技術士としてふさわしい」こととは無関係です。
なぜ○○工法を採用したのか、なぜ△△解析が必要と判断したのか、その「課程」の部分こそが「技術士としてふさわしい課題解決プロセス」です。
したがって、こうした質問には、「課題解決プロセス」をアピールするような解答ができるよう、知見をとりまとめておいてください。

タグ : 口頭試験 技術士

技術士二次試験の申し込み受付が開始しました。
といっても、提出期限はGW明けまでなので、まだまだ1ヶ月近くあります。
申込書類作成の中で最も重要なのが『経歴票』の作成です。
十分検討の上『口頭試験に挑める経歴票』を準備、来るべき日(口頭試問の日)に備えましょう。
とりあえず、総合支援コース受講生様で『経歴書素案』と『技術的体験論文骨子素案』の提出がまだの方、お待ちしていますので宜しくお願いいたします。
なお、記入方法の詳細等については、二年ほど前にまとめたものがこちら にあります。
よろしければ参考にして下さい。

技術士二次試験の合格発表がありました。
本年度支援させていただいた方のうち、6名が筆記を通過しましたが、その全ての方の合格を確認いたしました。
本当におめでとうございます。そして、お疲れさまでした。

技術士資格は「取って終わり」ではありません。合格者の方は登録後晴れて技術士になりますが、これは「これからは技術士としての責任ある仕事をしていく」というスタート地点なのです。
このことを忘れず、今後の業務に邁進されて下さい。


さて、平成23年度の試験結果のうち、日経BPで筆記合格者が発表されている建設部門だけですが、筆記と口頭結果をまとめてみました。 
H23試験結果 
口頭試問の合格率が、以前より総じて低いように感じます。
特に土質基礎、鋼コン、港湾、そして私が受けた建設環境(冷汗)あたりはかなり低く、70%台からギリギリ80%位です。
トータルの口頭合格率を見ても83%弱です。あきらかに平成18年度以前より口頭通過が難しくなっていることがいえます。

今後の技術士二次試験では、口頭試問に向けた対策がますます重要になっていく気がします。

タグ : 技術士 口頭試験

1月も早いもので下旬に突入しました。
そして、技術士口頭試問の日程が完了しました。
というわけで、今年の質問内容公開も解禁になりました。
今年は幸いにして、私も受けることが出来たのですが、予測通り、「大震災ネタ」の質問が直球で来ました。
まあ、自ら感じている復興に向けた思いや、これまで想定外とされていた災害にむけた対策についての意見を素直に述べられたのであれば問題ないでしょう。
一方で、建設環境の受験を踏まえ、私が必至に準備した「建設環境ネタ」の質問はほとんど来ませんでした。
専門についてのやりとりは、終始「河川環境」オンリーでした。
質問のやりとりなど詳細は、合格発表後にでも順次アップしていきたいと考えております。
とにもかくにも、受験された皆様、お疲れさまでした。

タグ : 口頭試験

少々遅めではありますが、あけましておめでとうございます。
本年も技術士受験に有益な情報提供に尽力したいと思いますので宜しくお願いいたします。

さて、SUKIYAKI掲示板を見ると、年が明け、口頭試問終盤戦が開始されているようです。

昔、総監の口頭試問を受けたとき、「CPDについて知っているか」という質問を受けました。
私は、CPDが継続研鑽の状況を記録、登録する制度という解答を述べた上、「私は技術士会の会員ではありませんが、技術士会のCPD登録システムは会員以外にも解放されているのでこれによりCPDの管理をしております。」と述べました。
すると、試験官は怪訝な表情で「え~~、詐欺士さんは技術士会の会員じゃないんだ・・・。」という予想外の答え。
まあ、これが原因かどうかは定かではありませんが、結局この時の口頭試問は落ちました・・・。

口頭試問は試験官の尋問に答えることが基本です。
質問に関連した余計なことに言及することは、場合によっては「周辺知識の豊富さ」等をアピール出来る可能性がありますが、基本的に採点外の行為です。

これから口頭試問を受ける人は、くれぐれも「聞かれたことのみ答える」という口頭試問の基本姿勢を再認識して挑んで下さい。
今日は、技術的体験論文のネタ探しについて私見を述べたいと思います。

■高度な応用力を駆使した技術的体験であることが重要
 技術士二次試験を受けようとしている人が、「受験したいけど技術的体験記述論文のネタになるような業務経験がない」といっているのを耳にします。ほんとうにそうでしょうか?。
 技術士受験関係の書籍,あるいは受験に関するHPなどを見ればわかるように、「技術的体験論文に書かれた体験業務の内容が口頭試験の合否に直接結びつく」のは本当です。
 しかしながら、ここでは、技術的体験論文で求められる体験業務は、「いかに高度な技術的内容の体験であるか」ではなく、「いかに高度な応用力を駆使した技術的体験か」という点であることに留意すべきです。

 身近で数多くの事例がある中から「下水道管きょの実施設計」について例を挙げましょう。

 ある沖積超軟弱地盤に、下水道幹線管きょを布設することで考えると、その方法としては、大別して「開削工法」「推進工法」「シールド工法」といったものが挙げられます。

 ここで、この中で一番技術的に高度なものはどれかというと、やはり施工プロセスの複雑さからシールド工法となるでしょう。実際に、施工単価もこれが一番かさみます。このため設計料もこの中で一番高いプロジェクトとなります。でも、だからといって、これが技術的体験論文が求めている「高度な応用力を駆使した技術的体験」かというと必ずしもそうではありません。

 最初から「シールド工法」と決めつけられているものを、マニュアル的にそのまま図面化して成果とするケースでは、技術的には高度なものでも、「高度な応用力を駆使した技術的体験」とはいえません。

 一方、技術的には易しいレベルである開削工法を採用した場合でも、工法を決定する際に技術的知識を駆使して比較検討等を行うという場合があります。
 例えば、超軟弱地盤に適する「泥水式シールド工法」と、地盤改良等を併用した上で実施する「開削工法で施工」の2ケースを立案し、経済性や施工性,工期といった要素について比較検討を行う場合などです。
 この場合は、結果として開削施工になったとしても、様々な技術的知識を駆使,応用しなければ結論には導けません。

 こういったプロセスを経た業務こそが「高度な応用力を駆使した技術的体験」であり、技術的体験論文のネタに相応しいものであると考えます。

■体験業務選定における留意事項
●応用力を駆使した業務であること
 技術的体験論文に求められるものは「何かの問題がありこれを私の技術的応用力で解決に導いた」というストーリーです。このストーリーの経過こそが評価対象であり、採用したプロセスの難易度はあまり意識しないでよいと考えます。
 簡単に述べると、ただマニュアルに従い行ったシールド工法の大規模幹線設計をだらだら記述するより、様々な検討事項を伴った小口径管の開削工事設計について、当該検討事項の選定事由,予想される効果,再評価を簡潔にとりまとめた方が、確実に技術士に相応しい業務であると評価されます。

●十分な再評価が可能な業務が望ましい
 建設コンサルタントとして受託する業務は、公共事業のうち、構想,計画,設計といった上流側を担います。したがって、業務が終了した時点では、事業の基幹が決定した段階であり、業務成果について正しく再評価することができないというのが現実問題として多いものです。
 しかし、私が何度もいろんな分野の口頭試問を受けた感想として、試験官は「業務成果」をかなり重視しているような気がします。それも、お金や日数などで定量的に成果を訴えられるものは非常に望ましいと考えています。
 以上により、題材とする業務は、履行したばかりのものではなく、計画なら実施設計や供用開始が部分的でもされているもの,設計なら設計成果に基づいた工事が完了しているもの等、技術的再評価と今後の方向性を具体的,定量的に記述できる業務が望ましいと考えています。

●自分が主体的に携わった業務であること
 技術的体験論文はあくまで自分の体験を記述するものです。したがって、自分が主体的に判断した考えを反映できる立場で携わった業務から選択すべきだし、そうでないと口頭でつっこまれた場合に悲惨な状況に陥ります。
 但し、これは何も業務の管理技術者(そもそも最近は技術士やRCCMを持ってなければ履行不可能)という意味ではありません。たとえば、あなたがある下水道管渠の推進工事実施設計で、立坑仮設の検討を上司の命令で一通り行えば、少なくとも当該工事の立坑仮設設計関連ではあなたは主体的に携わったといえるでしょう。

■技術的体験論文の題材は試験申し込みまでに決定する必要がある
 技術的体験論文の内容は、同じく口頭試験のネタになる「業務経歴書」に反映されていければなりません。
 提出は筆記結果発表後の11月ですが、ネタは試験申し込み(5月上旬)までに確定する必要があります。
 年度が開けで業務が落ち着いてからで構いません。
 特に初受験の方は、自らの業務経歴の棚卸しを行い、技術士として相応しい技術的体験論文のネタを確定して下さい。 そして、それが本当に相応しいネタか、身近な技術士や上司、同僚にも意見聴取してみて下さい。
あけましておめでとうございます。

年が明け、そろそろ口頭試問も総監がメインとなり、終盤にさしかかっているようです。
一般部門の方は、ほとんどが終了したと思います。
受験された方、本当にお疲れさまでした。

それにしても、平成18年度以前、口頭試問は12月中に全て実施されていたと思いますが、制度改正以降は年を越すスケジュールになりました。
私の都市計画の時もそうだったのですが、正月明け以降に実施される場合は、本当に気が重い正月を過ごさなければなりません。
私の時も、ロクに酒も呑まずに悶々と過ごした、鬱陶しい正月だったことが思い出されます。

さて、口頭試問の結果ですが、私はこれまで受けた5回の口頭試問全てについて、そのやりとりを復元しています。まあ趣味みたいな感じてやっているわけなのですが、復元は必要かといわれれば、私はやっぱりやっておいた方がよいと思います。
後日受験する後輩の良き資料になるばかりか、合格後、総監や別部門に再度チャレンジする場合は自らにとっても非常に重要な資料になるからです。
また、不幸にして口頭試問で不合格となってしまった場合は、何がダメだったのかを自ら反省するための重要な情報となります。
私も、1回目の総監口頭試問のやりとりを(当時は合格間違いないだろうと思いつつ)記録しましたが、不合格となった後は、何がいけなかったのか何度も通読して振り返り、次の年のリベンジに備えました。

また、「何を聞かれたか要旨をメモする程度でよい」という方もいますが、私は試験官とのやりとりを出来るだけ詳細に記録しておいた方がよいと考えています。
口頭試問は人と人とのやりとりです。どのような話題で、どのように会話が進んでいったかも後日の重要な資料となります。
そして、完成した文章は個人的に貴重な思い出の品のひとつとなります。

タグ : 口頭試験

口頭試験の方、順当にスケジュールを消化しているようですね。
まだの人は気が気ではないでしょうが、気を引き締め望んで下さい。

さて、口頭試験の結果通知は、次のような形で通知されます。
合否通知
ここに挙げられてある項目に関して、試験実施大綱の中で設問概要及び配点が公開されています。


■平成22年度技術士第二次試験実施大綱(抜粋)■
試問事項別の配点は次のとおりとし、合計得点は100点満点とする。
a 受験者の技術的体験を中心とする経歴の内容と応用能力
 ア)経歴及び応用能力
 40点満点

b 必須科目及び選択科目に関する技術士として必要な専門知識及び見識
 イ)体系的専門知識
 20点満点

 ウ)技術に対する見識
 20点満点

c 技術士としての適格性及び一般的知識
 エ)技術者倫理
 10点満点

 オ)技術士制度の認識その他
 10点満点

計 100点満点



まあ、配点とは書いてありますが、上記の結果通知でひとつでも×がついてしまうとアウトとなります。
たとえ配点が低い項目でも×がついてしまうとおしまいです。
そのため、これは配点というより、「質問総量に対する比率」というニュアンスで捉えるべきです。
以上について、下に整理します。
(1)経歴及び応用能力=40%
(2)体系的専門知識=20%
(3)技術に関する見識=20%
(4)技術者倫理=10%
(5)技術士制度の認識その他=10%


なるほど、私の経験からしても(旧制度の時も含め・平成17年度から項目と配点は現行通り)、概ねこれくらいの比率で質問されました。

結論として、概ね上記のような時間配分で、淡々と試験が進み、予定時間内(30分から45分)に無事終了したのであれば、かなり高確率で合格を確信してもいいような気がします。

タグ : 口頭試験

口頭試験当日のことを書いてみたいと思います。

今年の口頭試験も総監の一部を除き、例年通り渋谷のフォーラムエイトで行われるようです。
信号故障、投身自殺・・・・、公共交通機関を利用するにしても、何があるかわかりません。
遅くとも1時間前くらいには受付をすませましょう。

また、JRを利用していく場合、JR渋谷駅はいろいろな改札口があります。
このうち、フォーラムエイトがある道玄坂方面には、「ハチ公口」が便利です。
山手線の場合は渋谷駅の一番北側、新宿よりの階段で下りるのがラクです。
渋谷駅案内図

JRの場合、渋谷には山手線のほか湘南新宿ラインや埼京線も走っていますが、これらの駅は「南渋谷駅」という状態で、具体的には山手線のホームまるまる1つ隔てた場所(20m×11両編成=220m以上≒300mくらい)にプラットホームがあります。このため、当該路線で乗り込むと乗った電車の号車によってはおよそ600mもムダに歩かされるはめになります。湘南新宿ラインや埼京線で向かう場合は、恵比寿や新宿で山手線に乗り換えるのが得策です。
出口を出たら、ハチ公や東横線の古い電車の脇を抜け、スクランブル交差点を渡り道玄坂(左側の歩道)をまっすぐ進みます。
およそ5分くらい歩くと到着です。「YAMAHAの看板」が目印です。
フォーラムエイトアクセス案内

到着したら、まずは受付です。
受験票に指定された受付階に行きチェックインを済ませましょう。

受付では、このような案内文が配布されます。
案内(表面)

案内(裏面)

自分に指定された試験室、及び受験者控室を十分確認しましょう。

特に(このときの私もそうだったのですが)、11階、12階の試験室が指定されている場合、メイン階段で行くことができませんので注意が必要です。(建築基準法の関係で実際にはどこかに階段はあるのでしょうがわかりませんでした。)

受付をすましたら指定された控室に行くのもいいのですが、あそこは一種の独特な雰囲気があります。
特に初回試験の時は、お経のように技術士法の条分を唱えている人がいたりして正直びびりました。
H19の制度改正以前は試験の順番が来ると、案内係が控室に呼びに来る方式なので、少なくとも試験時間直前にはこの控室にいることを強いられていました。
でも、今は受験者が直接試験室(の前のイス)に出頭する方式になっています。
特に1時間以上時間があるのであれば、道玄坂近辺に腐るほどある飲食店(コーヒーショップ、ファストフード、ファミレス・・・わが国有数の商業施設集積地帯なので何でもあります)でゆっくり最後の準備をして望むのがおすすめと思います。

さて、注意事項には「5分前」とありますが、いろんなリスクを考慮し試験開始時間の15分くらい前には試験室前のイスに座りましょう。
あなたの試験が朝一や午後一以外の場合、一つ前の試験の受験者が、口頭試問を終え試験室から出てくるのに遭遇するでしょう。「ありがとうございました。失礼します」とか言って立ち去ろうとする受験者、そのひきつった顔つきや態度・・・・・、こうなると緊張するなといってももはや無理な状況です。
上半身の軽い運動でもして肩や手を動かし、すこしでもリラックスできるようにしましょう。

フォーラムエイトの会議室は、中央フロアを中心に部屋が放射状に配置されています。
このため、試験室前のイスに座ると自分以外の試験室入口のイスが何個も確認できます。
開始予定時間5分前ごろになると、周りのイスにも受験者が揃ってきていると思います。
今一度、受験番号を復唱できるか確認しましょう。

そして、試験開始時刻になったころ・・・・。

試験室のドアが開き「○○さんですか」と試験官が声をかけてきます。
この人が本日の口頭試問の主任試験官(司会)となる例がほとんどのようです。
ハイとハッキリ答え、後は指示に従い入室しましょう。
おっと、入室するとき 「○○○番、○○○○です。本日は宜しくお願いいたします。」 と挨拶は忘れずに・・・!

さあ、始まりです!

タグ : 口頭試験

口頭試験は「生身と生身のやりとり」です。
どのような会話になるかを100%予測することは不可能です。

しかしながら、だからといって、質問をあらかじめ予測し、これに対する回答を検討することは決して無意味ではありません。
私自身、最初の下水道の時に予測問答集を作成、そして以後5回の口頭試験を受けるたびに問答集を改訂、これに基づいたレクチャーをして望みました。
けっこう準備した質問とドンピシャリのケースもあったりして、その場合はやはり余裕を持って答えることができました。
主に専門分野以外の予想質問について書きたいと思います。

■経歴や体験論文に関する質問
Q:あなたのこれまでの業務経歴と提出いただいた技術的体験論文に書かれている業務について、10分程度で説明して下さい。
Q:経歴書にある「調節池の都市空間における水辺空間利活用計画策定」とは具体的にどんなことをしたものなのか説明して下さい。
Q:この業務で何か特徴的なこと、業務に関するアイデア等があれば教えてください。
Q:経歴書にある「○○に関する委員会運営」とはどんなことをした業務なのか具体的に説明して下さい。
Q:経歴書に「○○に配慮した河川構造物の計画・設計」とありますが、具体的にどういうことなのですか。
Q:今日現在担当されている業務について教えて下さい。

■受験の目的・今後の抱負
Q:技術士を取得されようとする動機は何ですか。
Q:もし合格できたらこの資格を今後どのように生かしたいですか。
Q:合格した場合、会社から何かインセンティブはあるんですか。

■技術士制度と資質向上
Q:技術士という資格制度の目的はなんですか。
Q:技術士の定義をご存じですか。
Q:海外の技術士のような資格制度について知っていますか。
Q:技術士法で課せられた技術士の義務とはなんですか。
Q:それを守らない場合の罰則について知っていますか。
Q:JABEE(じゃびー)とはなんだか知っていますか。
Q:資質向上に向けてなにかしていることはありますか。
Q:CPD制度とはなんだか知っていますか。
Q:業績に関する特許や論文発表はありますか。
Q:技術士制度は今後どのように活用されるべきと思いますか。

■技術者倫理
Q:技術士倫理要綱とはなんだか知っていますか。
Q:最近の話題の中で、技術者倫理に関する事件を知っていたら話して下さい。
Q:実際に体験された業務で、技術者倫理に関する問題があった事例などあれば話して下さい。
Q:技術士には5つの義務や責務がありますが、この中で最も重視すべき物は何だとお考えですか。

■タイムリーな話題
Q:最近なにか専門分野で関心のあるニュースや話題はありますか。
Q:公共事業の削減が続いていますが、今後の公共投資はいかにあるべきかとお考えですか。
Q:わが国の水行政の現状と課題、あるべき方向性についてどうお考えですか。
Q:公共事業へのPIの適用について望ましいあり方とはどんなものだと思いますか。

以上のような質問に、スラスラ答えられるよう、回答事項を整理しておくことはやはり重要だと思います。

タグ : 口頭試験

Before  | Copyright © 技術士受験徹底指導・詐欺士の添削塾 All rights reserved. |  Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。