出題傾向予測

これまでの3部門5科目の合格経験に基づき、貴方の技術士二次試験受験について徹底的にサポートさせていただきます。
詐欺士からのコメント
 平成26年度の技術士二次試験の合格発表がありました。合格された方々、本当におめでとうございます。今度は技術士として相応しいキャリア形成を図り、立派なエンジニアになってご活躍されるようお祈りしております。(H27/03/02)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●建設部門・都市及び地方計画 (問題II)
●ご覧頂くに当たっての留意事項
まずはじめに、ここに書いた内容は、平成25年2月段階で収集可能な情報に基づき推察した内容であり、確定的事項ではない。その旨十分留意した上でお読み頂きたい。なお、平成25年8月に試験問題が明らかになった時点等で、必要に応じ内容を修正する予定であることを付記しておく。
「選択科目に関する専門知識や応用能力」を問うもので、従来の選択科目(俗に言う「専門問題」)を踏襲する位置づけとなっている。但し、平成25年度からは、記述ボリュームが従来の600字×6枚=3600字から600字×4枚=2400字へと軽減される。
試験で問われる内容に関し、オーソライズされている事項は以下の通りとなっている。
◆問題の種類
「都市及び地方計画(選択科目)」に関する専門知識及び応用能力
◆概念
○専門知識
「都市及び地方計画(選択科目)」で対象とする技術分野全般にわたる専門的な知識
○応用能力
これまでに習得した専門的知識や経験等に基づいて、与えられた与条件に合わせて正しく問題点を認識し、必要な分析を行い、適切な業務プロセスや留意すべき内容を説明できる能力
◆内容
○専門知識
「都市及び地方計画(選択科目)」における重要キーワードや新技術等に対する専門的知識を問う。
○応用能力
「都市及び地方計画(選択科目)」に関する業務に関し、与えられた条件に合わせて、専門的知識や実務経験に基づいて業務遂行手順が説明でき、業務上で留意すべき点や工夫を要する点等についての認識があるかを問う内容とする。
◆配点
40点/満点110点
※2問の出題となった場合、「専門知識」「応用能力」それぞれが20点づつの配点となることが予測される。
■出題形式予想
従前形式を踏襲したいわゆる「専門問題」である。600字×4枚ということ、「専門知識」「応用能力」のそれぞれを問うと明言していることから、2問の出題、すなわち「600字×2枚×2問」という出題形式であろうと推測される。
○専門知識
「専門知識」は、「都市及び地方計画」全般に関するネタが想定される。
即ち、従前の【I-1(I-1-1~I-1-2)】 の問題と同様と考えている。例えば、以下のようなテーマについて、見識を問われるものである。
 ●防災まちづくり
 ●景観行政
 ●水と緑のネットワーク
 ●地域や市民との協働
○応用能力
「応用能力」は都市及び地方計画(選択科目)の中で、さらに技術分野細部に関する具体的な出題であり、従前の問題の【I-2(I-2-1~I-2-6)】が踏襲されると考える。具体的には、以下の5分野について、それぞれに踏み込んだ内容の出題が想定される。
 ●都市計画、地区計画等、いわゆる「狭義の都市計画」
 ●交通政策、交通計画分野
 ●市街地開発、都市再開発分野
 ●土地区画整理分野
 ●公園、緑地分野
但し、上記分類はあくまで昨年までのものであり、今回の制度改正により「出題数を絞る」ことがアナウンスされている。このため、上記分野はより集約化される可能性がある。

○受験準備方法
昨年までと同様、過去問、あるいは社会情勢、技術動向等から予測される出題テーマに基づき、「現状」「課題」「課題解決に立ちふさがる問題点」「解決方策のあり方」をしっかり認識しておくこと、そして、これを的確かつ従来より簡潔な文章として論述する能力を醸成することが求められる。 これには、いわゆる「骨子法」で要点を整理しておくことが非常に有効と考える。また、模擬答案を作成した上、これについて添削指導を受けることも解答作成能力向上策として非常に重要である。特に、論述に当たっては、解答ボリュームの縮減に伴い、従来より短文での表現が求められる。簡潔かつわかりやすい文章の作成能力が昨年まで以上に必要になってくると考える。
一方、「昨年と比較して全般的に出題数を減らす」ことが明言されている。このため、確率論として、より多くのネタについて学習しておくことが、試験突破には有利になることが想定される。
スポンサーサイト
●上下水道部門・下水道 (問題III)
●ご覧頂くに当たっての留意事項
まずはじめに、ここに書いた内容は、平成25年2月段階で収集可能な情報に基づき推察した内容であり、確定的事項ではない。その旨十分留意した上でお読み頂きたい。なお、平成25年8月に試験問題が明らかになった時点等で、必要に応じ内容を修正する予定であることを付記しておく。
「新設」の位置づけになっている「選択選択科目に関する課題解決能力」を問う問題である。記述ボリュームは600字×3枚=1800字と、従来の1問当り基本パターンとなっている。
試験の内容として、発表されている事項は以下の通りである。
◆問題の種類
「下水道(選択科目)」に関する課題解決能力
◆概念
社会的ニーズや技術の進歩に伴い、最近注目されている変化や新たに直面する可能性のある課題に対する認識を持っており、多様な視点から検討を行い、論理的かつ合理的に解決策を策定できる能力
◆内容
「下水道(選択科目)」に係わる社会的な変化・技術に関係する最新の状況や「下水道(選択科目)」に共通する普遍的な問題を対象とし、これに対する課題等の抽出を行わせ、多様な視点からの分析によって実現可能な解決策の提示が行えるか等を問う内容とする。
◆配点
40点/満点110点
■出題形式予想
今回の改正で、予測がもっとも悩ましい新設問題である。出題形式予想のカギとして、この文章の次の語句に着目する必要があると考える。
 ○社会的な変化や技術に関する最新の状況
 ○「選択科目」に共通する普遍的な問題
 ○課題抽出
 ○多様な視点からの分析と実現可能な解決策提示
この出題について、当初は「具体的な条件を提示され計画や設計をさせられるのではないか」等と漠然ととらえていた。しかしながら、発表された「二次試験の内容」によれば、どうもそういった細分化したものではなく、「選択科目全般で普遍的(ごく一般的)に問題となっているネタ」についての見識を問われると考えた方が妥当である。
例示すると、以下のようなテーマが挙げられる。
 ・温室効果ガス削減
 ・管路や施設の長寿命化
 ・合流式下水道の改善
ただし、上記のようなテーマの出題の場合、ともすると「選択科目・専門知識」とかなり内容が重複するのではないかというのが正直なところである。
ここで、着目したいのが「課題抽出」「多様な視点からの分析と実現可能な解決策提示」という具体的な設問方法の提示である。テーマは専門知識ともかぶりつつも、こうした一つの設問パターンに基づき、「課題の抽出や課題解決に向けた問題点の適切な洗い出し」「総合的な視点によってより具体的で実現可能な解決方策の提示」を解答で示すことが求められるのではないかと予測する。
上述したテーマで例題を示すと以下のような感じである。
地球温暖化の防止が全世界的な課題となっており、こうした中、あらゆる産業分野等において、温室効果ガス削減に向けた取り組みが求められている。
(1)下水道分野の温室効果ガス削減に向けた課題について抽出し説明せよ。
(2)下水道分野における温室効果ガス削減を推進していくため、どのように取り組んでいくべきかあなたの意見を述べよ。

■対応方針
受験準備で重要だと感じるのは、題材とするテーマ選びで「社会的変化や技術に関する最新の状況」「選択科目に共通する普遍的な問題」に重点に置くことである。そして、とにかく今与えられている情報では、テーマに対する「課題抽出」「実現可能な解決方策の提案」を理路整然と記述する能力を醸成することが重要である。

タグ : 下水道 予想問題

●建設部門・建設環境 (問題III)
●ご覧頂くに当たっての留意事項
まずはじめに、ここに書いた内容は、平成25年2月段階で収集可能な情報に基づき推察した内容であり、確定的事項ではない。その旨十分留意した上でお読み頂きたい。なお、平成25年8月に試験問題が明らかになった時点等で、必要に応じ内容を修正する予定であることを付記しておく。
「新設」の位置づけになっている「選択選択科目に関する課題解決能力」を問う問題である。記述ボリュームは600字×3枚=1800字と、従来の1問当り基本パターンとなっている。
試験の内容として、発表されている事項は以下の通りである。
◆問題の種類
「建設環境(選択科目)」に関する課題解決能力
◆概念
社会的ニーズや技術の進歩に伴い、最近注目されている変化や新たに直面する可能性のある課題に対する認識を持っており、多様な視点から検討を行い、論理的かつ合理的に解決策を策定できる能力
◆内容
「建設環境(選択科目)」に係わる社会的な変化・技術に関係する最新の状況や「建設環境(選択科目)」に共通する普遍的な問題を対象とし、これに対する課題等の抽出を行わせ、多様な視点からの分析によって実現可能な解決策の提示が行えるか等を問う内容とする。
◆配点
40点/満点110点
■出題形式予想
今回の改正で、予測がもっとも悩ましい新設問題である。出題形式予想のカギとして、この文章の次の語句に着目する必要があると考える。
 ○社会的な変化や技術に関する最新の状況
 ○「建設環境(選択科目)」に共通する普遍的な問題
 ○課題抽出
 ○多様な視点からの分析と実現可能な解決策提示
この出題について、当初は「具体的な条件を提示され計画や設計をさせられるのではないか」等と漠然ととらえていた。しかしながら、発表された「二次試験の内容」によれば、どうもそういった細分化したものではなく、「選択科目全般で普遍的(ごく一般的)に問題となっているネタ」についての見識を問われると考えた方が妥当である。
例示すると、以下のようなテーマが挙げられる。
 ・建設工事の自然へのインパクト低減
 ・良好な水環境、水循環の構築
 ・インフラ整備おける多様な主体との連携推進 
ただし、上記のようなテーマの出題の場合、ともすると「選択科目・専門知識」とかなり内容が重複するのではないかというのが正直なところである。
ここで、着目したいのが「課題抽出」「多様な視点からの分析と実現可能な解決策提示」という具体的な設問方法の提示である。テーマは専門知識ともかぶりつつも、こうした一つの設問パターンに基づき、「課題の抽出や課題解決に向けた問題点の適切な洗い出し」「総合的な視点によってより具体的で実現可能な解決方策の提示」を解答で示すことが求められるのではないかと予測する。
上述したテーマで例題を示すと以下のような感じである。
(1)建設工事の実施が自然環境に与えるインパクトについて説明するとともに、これを低減するために解決すべき課題について説明せよ。
※建設工事の種類はあなたが専門とする事項に関連した施設とすること。
(2)上記で挙げたインパクトを削減するため、取り組むべき対策についてあなたの意見を述べよ。

■対応方針
受験準備で重要だと感じるのは、題材とするテーマ選びで「社会的変化や技術に関する最新の状況」「選択科目に共通する普遍的な問題」に重点に置くことである。そして、とにかく今与えられている情報では、テーマに対する「課題抽出」「実現可能な解決方策の提案」を理路整然と記述する能力を醸成することが重要である。
●建設部門・都市及び地方計画 (問題III)
●ご覧頂くに当たっての留意事項
まずはじめに、ここに書いた内容は、平成25年2月段階で収集可能な情報に基づき推察した内容であり、確定的事項ではない。その旨十分留意した上でお読み頂きたい。なお、平成25年8月に試験問題が明らかになった時点等で、必要に応じ内容を修正する予定であることを付記しておく。
「新設」の位置づけになっている「選択選択科目に関する課題解決能力」を問う問題である。記述ボリュームは600字×3枚=1800字と、従来の1問当り基本パターンとなっている。
試験の内容として、発表されている事項は以下の通りである。
◆問題の種類
「都市及び地方計画(選択科目)」に関する課題解決能力
◆概念
社会的ニーズや技術の進歩に伴い、最近注目されている変化や新たに直面する可能性のある課題に対する認識を持っており、多様な視点から検討を行い、論理的かつ合理的に解決策を策定できる能力
◆内容
「都市及び地方計画(選択科目)」に係わる社会的な変化・技術に関係する最新の状況や「都市及び地方計画(選択科目)」に共通する普遍的な問題を対象とし、これに対する課題等の抽出を行わせ、多様な視点からの分析によって実現可能な解決策の提示が行えるか等を問う内容とする。
◆配点
40点/満点110点
■出題形式予想
今回の改正で、予測がもっとも悩ましい新設問題である。出題形式予想のカギとして、この文章の次の語句に着目する必要があると考える。
 ○社会的な変化や技術に関する最新の状況
 ○「選択科目」に共通する普遍的な問題
 ○課題抽出
 ○多様な視点からの分析と実現可能な解決策提示
この出題について、当初は「具体的な条件を提示され計画や設計をさせられるのではないか」等と漠然ととらえていた。しかしながら、発表された「二次試験の内容」によれば、どうもそういった細分化したものではなく、「選択科目全般で普遍的(ごく一般的)に問題となっているネタ」についての見識を問われると考えた方が妥当である。
例示すると、以下のようなテーマが挙げられる。
 ・都市の集約化
 ・都市交通の再編
 ・水と緑のネットワークの創造
ただし、上記のようなテーマの出題の場合、ともすると「選択科目・専門知識」とかなり内容が重複するのではないかというのが正直なところである。
ここで、着目したいのが「課題抽出」「多様な視点からの分析と実現可能な解決策提示」という具体的な設問方法の提示である。テーマは専門知識ともかぶりつつも、こうした一つの設問パターンに基づき、「課題の抽出や課題解決に向けた問題点の適切な洗い出し」「総合的な視点によってより具体的で実現可能な解決方策の提示」を解答で示すことが求められるのではないかと予測する。
上述したテーマで例題を示すと以下のような感じである。
(1)都市構造の拡散、スプロール化の現状について説明するとともに、都市構造の集約を図っていくため解決すべき課題について説明せよ。
(2)都市構造集約化を実現していくため、どのような取り組みを推進すべきか、あなたの意見を述べよ。

■対応方針
受験準備で重要だと感じるのは、題材とするテーマ選びで「社会的変化や技術に関する最新の状況」「選択科目に共通する普遍的な問題」に重点に置くことである。そして、とにかく今与えられている情報では、テーマに対する「課題抽出」「実現可能な解決方策の提案」を理路整然と記述する能力を醸成することが重要である。

●建設部門・河川、砂防及び海岸・海洋 (問題III)


●ご覧頂くに当たっての留意事項
まずはじめに、ここに書いた内容は、平成25年2月段階で収集可能な情報に基づき推察した内容であり、確定的事項ではない。その旨十分留意した上でお読み頂きたい。なお、平成25年8月に試験問題が明らかになった時点等で、必要に応じ内容を修正する予定であることを付記しておく。
「新設」の位置づけになっている「選択選択科目に関する課題解決能力」を問う問題である。記述ボリュームは600字×3枚=1800字と、従来の1問当り基本パターンとなっている。
試験の内容として、発表されている事項は以下の通りである。
◆問題の種類
「河川、砂防及び海岸・海洋(選択科目)」に関する課題解決能力
◆概念
社会的ニーズや技術の進歩に伴い、最近注目されている変化や新たに直面する可能性のある課題に対する認識を持っており、多様な視点から検討を行い、論理的かつ合理的に解決策を策定できる能力
◆内容
「河川、砂防及び海岸・海洋(選択科目)」に係わる社会的な変化・技術に関係する最新の状況や「河川、砂防及び海岸・海洋(選択科目)」に共通する普遍的な問題を対象とし、これに対する課題等の抽出を行わせ、多様な視点からの分析によって実現可能な解決策の提示が行えるか等を問う内容とする。
◆配点
40点/満点110点
■出題形式予想
今回の改正で、予測がもっとも悩ましい新設問題である。出題形式予想のカギとして、この文章の次の語句に着目する必要があると考える。
 ○社会的な変化や技術に関する最新の状況
 ○「選択科目」に共通する普遍的な問題
 ○課題抽出
 ○多様な視点からの分析と実現可能な解決策提示
この出題について、当初は「具体的な条件を提示され計画や設計をさせられるのではないか」等と漠然ととらえていた。しかしながら、発表された「二次試験の内容」によれば、どうもそういった細分化したものではなく、「選択科目全般で普遍的(ごく一般的)に問題となっているネタ」についての見識を問われると考えた方が妥当である。
例示すると、以下のようなテーマが挙げられる。
 ・気候変動への対応(適応策・緩和策)
 ・安全な河川・海岸空間利用促進に向けた施策
 ・水災や土砂災害に対する防災情報システム整備

ただし、上記のようなテーマの出題の場合、ともすると「選択科目・専門知識」とかなり内容が重複するのではないかというのが正直なところである。
ここで、着目したいのが「課題抽出」「多様な視点からの分析と実現可能な解決策提示」という具体的な設問方法の提示である。テーマは専門知識ともかぶりつつも、こうした一つの設問パターンに基づき、「課題の抽出や課題解決に向けた問題点の適切な洗い出し」「総合的な視点によってより具体的で実現可能な解決方策の提示」を解答で示すことが求められるのではないかなと予測する。
上述したテーマで例題を示すと以下のような感じである。
温室効果ガスの影響、気候変動等によって地球温暖化が進行することが懸念されている。
(1)河川、砂防及び海岸・海洋分野において、地球温暖化進行に向けて解決すべき課題について抽出し説明せよ。
(2)河川、砂防及び海岸・海洋分野において、今後地球温暖化進行に対し、どのような適応策をとっていくべきか、あなたの意見を述べよ。

■対応方針
受験準備で重要だと感じるのは、題材とするテーマ選びで「社会的変化や技術に関する最新の状況」「選択科目に共通する普遍的な問題」に重点に置くことである。そして、とにかく今与えられている情報では、テーマに対する「課題抽出」「実現可能な解決方策の提案」を理路整然と記述する能力を醸成することが重要である。

●上下水道部門・下水道 (問題II)
●ご覧頂くに当たっての留意事項
まずはじめに、ここに書いた内容は、平成25年2月段階で収集可能な情報に基づき推察した内容であり、確定的事項ではない。その旨十分留意した上でお読み頂きたい。なお、平成25年8月に試験問題が明らかになった時点等で、必要に応じ内容を修正する予定であることを付記しておく。
「選択科目に関する専門知識や応用能力」を問うもので、従来の選択科目(俗に言う「専門問題」)を踏襲する位置づけとなっている。但し、平成25年度からは、記述ボリュームが従来の600字×6枚=3600字から600字×4枚=2400字へと軽減される。
試験で問われる内容に関し、オーソライズされている事項は以下の通りとなっている。
◆問題の種類
「下水道(選択科目)」に関する専門知識及び応用能力
◆概念
○専門知識
「下水道(選択科目)」で対象とする技術分野全般にわたる専門的な知識
○応用能力
これまでに習得した専門的知識や経験等に基づいて、与えられた与条件に合わせて正しく問題点を認識し、必要な分析を行い、適切な業務プロセスや留意すべき内容を説明できる能力
◆内容
○専門知識
「下水道(選択科目)」における重要キーワードや新技術等に対する専門的知識を問う。
○応用能力
「下水道(選択科目)」に関する業務に関し、与えられた条件に合わせて、専門的知識や実務経験に基づいて業務遂行手順が説明でき、業務上で留意すべき点や工夫を要する点等についての認識があるかを問う内容とする。
◆配点
40点/満点110点
※2問の出題となった場合、「専門知識」「応用能力」それぞれが20点づつの配点となることが予測される。
■出題形式予想
従前形式を踏襲したいわゆる「専門問題」である。600字×4枚ということ、「専門知識」「応用能力」のそれぞれを問うと明言していることから、2問の出題、すなわち「600字×2枚×2問」という出題形式であろうと推測される。 なお、「応用能力」の問題は、これまでの形式(A、Bそれぞれのグループから選択)が踏襲される可能性が高く、その場合には600字×1枚×2問になることが推察される。
○専門知識
「専門知識」は、「下水道」全般に関するネタが想定される。
即ち、従前のI-2の問題と同様と考えている。例えば、以下のようなテーマについて、見識を問われるものである。
 ●地震・津波対策
 ●下水道施設空間の有効活用
 ●ストックマネジメント
 ●下水道のエネルギーとしての有効活用
○応用能力
「応用能力」は科目の中で、さらに技術分野細部に関する具体的な出題であり、従前の問題のI-1が踏襲されると考える。伝統となっている、Aグループ(管渠や計画)から1問、Bグループ(水処理)から1問選択という形式はおそらく継続となろう。したがって、Aグループ、Bグループとも、600字×1枚の短答式で解答させる出題が想定される。
○受験準備方法
昨年までと同様、過去問、あるいは社会情勢、技術動向等から予測される出題テーマに基づき、「現状」「課題」「課題解決に立ちふさがる問題点」「解決方策のあり方」をしっかり認識しておくこと、そして、これを的確かつ従来より簡潔な文章として論述する能力を醸成することが求められる。 これには、いわゆる「骨子法」で要点を整理しておくことが非常に有効と考える。また、模擬答案を作成した上、これについて添削指導を受けることも解答作成能力向上策として非常に重要である。特に、論述に当たっては、解答ボリュームの縮減に伴い、従来より短文での表現が求められる。簡潔かつわかりやすい文章の作成能力が昨年まで以上に必要になってくると考える。
一方、「昨年と比較して全般的に出題数を減らす」ことが明言されている。このため、確率論として、より多くのネタについて学習しておくことが、試験突破には有利になることが想定される。

タグ : 下水道 予想問題

●建設部門・建設環境 (問題II)
●ご覧頂くに当たっての留意事項
まずはじめに、ここに書いた内容は、平成25年2月段階で収集可能な情報に基づき推察した内容であり、確定的事項ではない。その旨十分留意した上でお読み頂きたい。なお、平成25年8月に試験問題が明らかになった時点等で、必要に応じ内容を修正する予定であることを付記しておく。
「選択科目に関する専門知識や応用能力」を問うもので、従来の選択科目(俗に言う「専門問題」)を踏襲する位置づけとなっている。但し、平成25年度からは、記述ボリュームが従来の600字×6枚=3600字から600字×4枚=2400字へと軽減される。
試験で問われる内容に関し、オーソライズされている事項は以下の通りとなっている。
◆問題の種類
「建設環境(選択科目)」に関する専門知識及び応用能力
◆概念
○専門知識
「建設環境(選択科目)」で対象とする技術分野全般にわたる専門的な知識
○応用能力
これまでに習得した専門的知識や経験等に基づいて、与えられた与条件に合わせて正しく問題点を認識し、必要な分析を行い、適切な業務プロセスや留意すべき内容を説明できる能力
◆内容
○専門知識
「建設環境(選択科目)」における重要キーワードや新技術等に対する専門的知識を問う。
○応用能力
「建設環境(選択科目)」に関する業務に関し、与えられた条件に合わせて、専門的知識や実務経験に基づいて業務遂行手順が説明でき、業務上で留意すべき点や工夫を要する点等についての認識があるかを問う内容とする。
◆配点
40点/満点110点
※2問の出題となった場合、「専門知識」「応用能力」それぞれが20点づつの配点となることが予測される。
■出題形式予想
従前形式を踏襲したいわゆる「専門問題」である。600字×4枚ということ、「専門知識」「応用能力」のそれぞれを問うと明言していることから、2問の出題、すなわち「600字×2枚×2問」という出題形式であろうと推測される。
○専門知識
「専門知識」は、「建設環境」全般に関するネタが想定される。
即ち、従前のAグループ(I-1~I-2) の問題と同様と考えている。例えば、以下のようなテーマについて、見識を問われるものである。
 ●生物多様性保全
 ●水と緑のネットワーク
 ●省エネルギーや循環型社会
 ●環境アセスメント
○応用能力
「応用能力」は科目の中で、さらに技術分野細部に関する具体的な出題であり、従前の問題のBグループ(I-3~I-10)が踏襲されると考える。具体的には、以下の分野について、それぞれに踏み込んだ内容の出題が想定される。
 ●道路
 ●都市計画(ランドスケープ関連)
 ●都市計画(まちづくり関連)
 ●鉄道
 ●海岸及び港湾
 ●電力土木
 ●河川(自然環境)
 ●河川(水環境) 
 但し、上記分野はあくまで昨年までのものである。「出題数を絞る」という方針が明示されていることから、分野はより集約化される可能性がある。
○受験準備方法
昨年までと同様、過去問、あるいは社会情勢、技術動向等から予測される出題テーマに基づき、「現状」「課題」「課題解決に立ちふさがる問題点」「解決方策のあり方」をしっかり認識しておくこと、そして、これを的確かつ従来より簡潔な文章として論述する能力を醸成することが求められる。 これには、いわゆる「骨子法」で要点を整理しておくことが非常に有効と考える。また、模擬答案を作成した上、これについて添削指導を受けることも解答作成能力向上策として非常に重要である。特に、論述に当たっては、解答ボリュームの縮減に伴い、従来より短文での表現が求められる。簡潔かつわかりやすい文章の作成能力が昨年まで以上に必要になってくると考える。
一方、「昨年と比較して全般的に出題数を減らす」ことが明言されている。このため、確率論として、より多くのネタについて学習しておくことが、試験突破には有利になることが想定される。

●建設部門・河川、砂防及び海岸・海洋 (問題II)


●ご覧頂くに当たっての留意事項
まずはじめに、ここに書いた内容は、平成25年2月段階で収集可能な情報に基づき推察した内容であり、確定的事項ではない。その旨十分留意した上でお読み頂きたい。なお、平成25年8月に試験問題が明らかになった時点等で、必要に応じ内容を修正する予定であることを付記しておく。
「選択科目に関する専門知識や応用能力」を問うもので、従来の選択科目(俗に言う「専門問題」)を踏襲する位置づけとなっている。但し、平成25年度からは、記述ボリュームが従来の600字×6枚=3600字から600字×4枚=2400字へと軽減される。
試験で問われる内容に関し、オーソライズされている事項は以下の通りとなっている。
◆問題の種類
「河川、砂防及び海岸・海洋(選択科目)」に関する専門知識及び応用能力
◆概念
○専門知識
「河川、砂防及び海岸・海洋(選択科目)」で対象とする技術分野全般にわたる専門的な知識
○応用能力
これまでに習得した専門的知識や経験等に基づいて、与えられた与条件に合わせて正しく問題点を認識し、必要な分析を行い、適切な業務プロセスや留意すべき内容を説明できる能力
◆内容
○専門知識
「選択科目」における重要キーワードや新技術等に対する専門的知識を問う。
○応用能力
「選択科目」に関する業務に関し、与えられた条件に合わせて、専門的知識や実務経験に基づいて業務遂行手順が説明でき、業務上で留意すべき点や工夫を要する点等についての認識があるかを問う内容とする。
◆配点
40点/満点110点
※2問の出題となった場合、「専門知識」「応用能力」それぞれが20点づつの配点となることが予測される。
■出題形式予想
従前形式を踏襲したいわゆる「専門問題」である。600字×4枚ということ、「専門知識」「応用能力」のそれぞれを問うと明言していることから、2問の出題、すなわち「600字×2枚×2問」という出題形式であろうと推測される。
○専門知識
「専門知識」は、「河川、砂防及び海岸・海洋」全般に関するネタが想定される。
即ち、従前の【Aグループ(I-1~I-2)】の問題と同様と考えている。例えば、以下のようなテーマについて、見識を問われるものである。
 ●防災情報整備
 ●防災から減災、ハードからハードとソフト
 ●事業評価、再評価
 ●地震対策、津波対策
○応用能力
「応用能力」は科目の中で、さらに技術分野細部に関する具体的な出題であり、従前の問題の「Bグループ(I-3~I-10)」が踏襲されると考える。具体的には、「河川」「ダム」「砂防・地すべり」「海岸・海洋」の4分野について、それぞれに踏み込んだ内容の出題が想定される。
○受験準備方法
昨年までと同様、過去問、あるいは社会情勢、技術動向等から予測される出題テーマに基づき、「現状」「課題」「課題解決に立ちふさがる問題点」「解決方策のあり方」をしっかり認識しておくこと、そして、これを的確かつ従来より簡潔な文章として論述する能力を醸成することが求められる。 これには、いわゆる「骨子法」で要点を整理しておくことが非常に有効と考える。また、模擬答案を作成した上、これについて添削指導を受けることも解答作成能力向上策として非常に重要である。特に、論述に当たっては、解答ボリュームの縮減に伴い、従来より短文での表現が求められる。簡潔かつわかりやすい文章の作成能力が昨年まで以上に必要になってくると考える。
一方、「昨年と比較して全般的に出題数を減らす」ことが明言されている。このため、確率論として、より多くのネタについて学習しておくことが、試験突破には有利になることが想定される。

●建設部門・建設一般 (問題I)
●ご覧頂くに当たっての留意事項
まずはじめに、ここに書いた内容は、平成25年2月段階で収集可能な情報に基づき推察した内容であり、確定的事項ではない。その旨十分留意した上でお読み頂きたい。なお、出題に関する追加情報が得られた段階、平成25年8月に試験問題が明らかになった段階で、必要に応じ内容を修正する予定であることを付記しておく。
従来の記述式問題が廃止され、平成18年度まで実施されていた択一形式が復活する。具体的には20問が出題(5者択一)され、このうち15問を選択して回答する形式となる。
試験で問われる内容に関し、オーソライズされている事項は以下の通りとなっている。
◆問題の種類
「建設部門」全般にわたる専門知識
◆概念
「建設部門」において不可欠な技術、業務遂行に際して必要な社会制度等に関する専門的な知識
◆内容
「建設部門」における不可欠な技術、社会的に重要なキーワード、業務における関連法規・制度等に対する専門的知識を問う。
◆配点
30点/満点110点
※平成24年度までは50点/満点100点であった。このため、重要度は低くなっているといえる。この設問は将来的には「足切りツール」(平成27年度より足切りツールとして用いることが日本技術士会よりオーソライズされている)という意味合いが非常に強くなることが予測される。
■出題形式予想
今のところ、基本的には平成18年度まであった択一式が復活する物と考えて差し支えないと考えている。この根拠として、平成25年度からの試験制度改正発表以後、日本技術士会が昔(平成18年度以前)の択一式過去問をインターネット上で公開したことが挙げられる。
■受験準備の基本方針
建設部門の場合、最も重要なのは最新版の国土交通白書の内容を把握することである。また、土木工学の基礎(構造力学、地盤工学、水理学、測量学)をおさらいすることも重要である。さらに、近年は持続社会の構築等の必要性から環境問題への認識が高まっており、環境・循環型社会・生物多様性白書(旧環境白書)の学習も有孔である。
また、東日本大震災、適正なインフラ維持管理、低成長・少子高齢化社会に向けた社会基盤整備のあり方等、社会・経済情勢を反映した出題も予想される。日常から新聞やマスコミ報道で社会動向を十分把握するとともに、建設分野全般に関連する課題や解決方策のあり方等について認識を高めておくことが求められる。このためには、「日経コンストラクション」「土木学会誌」等といった建設分野を包括する話題が満載された専門雑誌に目を通しておくことや、国土交通省がインターネット等で発表する建設行政に関する提言や白書、委員会諮問結果等の情報に敏感になること等が求められる。
また、択一試験の勉強法は「過去問攻略」が非常に重要である。具体的には技術士会が公開している過去問、さらには市販の問題集や技術士一次試験の専門科目過去問題をたくさんやり、併せて答え合わせを繰り返すことで、解答能力を醸成させる必要がある。
但し、中には専門分野に偏った非常に細かい出題内容もある。しかしながら、例えば河川を専門とする技術者が、鉄道の細かい設計基準の知識まで事前に詰め込むのは極めて困難である。とりあえず、15問のうち9問(平成27年度からこれで足切りが実施される予定)が合っていればよいのである。したがって、必須科目では満点を狙わずとりあえず7~8割程度を目指して学習を進めることが効率的と考える。
まずは日本技術士会が公表している過去問(平成16年度~平成18年度)にチャレンジしてみて欲しい。そして不得手な分野を抽出した上で、効率的に知識の醸成を図ってほしい。
■参考資料
○過去問題(平成16年度~平成18年度)【(公社)日本技術士会】
○過去問題の正解(平成16年度~平成18年度)【(公社)日本技術士会】
○過去問題、正解、解説等(平成13年度~平成18年度)【(株)テクノ・リアライズ】

タグ : 建設一般 過去問

●上下水道部門・上下水道一般(問題I)
●ご覧頂くに当たっての留意事項
まずはじめに、ここに書いた内容は、平成25年2月段階で収集可能な情報に基づき推察した内容であり、確定的事項ではない。その旨十分留意した上でお読み頂きたい。なお、新たに情報が判明した段階、平成25年8月に試験問題が明らかになった段階等で、必要に応じ内容を修正する予定であることを付記しておく。
従来の記述式問題が廃止され、平成18年度まで実施されていた択一形式が復活する。具体的には20問が出題(5者択一)され、このうち15問を選択して回答する形式となる。
試験で問われる内容に関し、オーソライズされている事項は以下の通りとなっている。
◆問題の種類
「上下水道部門」全般にわたる専門知識
◆概念
「上下水道部門」において不可欠な技術、業務遂行に際して必要な社会制度等に関する専門的な知識
◆内容
「上下水道部門」における不可欠な技術、社会的に重要なキーワード、業務における関連法規・制度等に対する専門的知識を問う。
◆配点
30点/満点110点
※平成24年度までは50点/満点100点であった。このため、重要度は低くなっているといえる。この設問は将来的には「足切りツール」(平成27年度より足切りツールとして用いることが日本技術士会よりオーソライズされている)という意味合いが非常に強くなることが予測される。
 ■出題形式予想
今のところ、基本的には平成18年度まであった択一式が復活する物と考えて差し支えないと考えている。この根拠として、平成25年度からの試験制度改正発表以後、日本技術士会が昔(平成18年度以前)の択一式過去問をインターネット上に公開したことが挙げられる。
■受験準備の基本方針
基本は最新版の国土交通白書、日本の下水道等の内容を把握すること、そして土木工学や衛生工学等の基礎をおさらいすることにつきる。なお、上水道については、厚生労働白書(殆ど水道に関する記載がない)よりも日本水道協会のHP等の方が参考になる。
また、東日本大震災、適正なインフラ維持管理、低成長・少子高齢化社会に向けた社会基盤整備のあり方等、社会・経済情勢を反映した出題も予想される。日常から新聞やマスコミ報道で社会動向を十分把握するとともに、上下水道部門全般に関連する課題や解決方策のあり方等について認識を高めておくことが求められる。このためには、「下水道協会誌」「月刊下水道」等といった業界の専門雑誌に目を通しておくことが非常に重要である。
さらに、専門問題同様に「下水道施設計画・設計指針と解説」「水道設計指針2012」等、重要な基準書などが最近改訂された事項はネタにされやすいので着目し知識を整理しておくべきである。
また、択一試験の勉強法は「過去問攻略」が非常に重要である。具体的には技術士会が公開している過去問、さらには市販の問題集や技術士一次試験の専門科目過去問題をたくさんやり、併せて答え合わせを繰り返すことで、解答能力を醸成させる必要がある。
なお、例えば「浄水施設の沈殿池における流速」等、非常に細かい出題内容もある。しかしながら、下水道の技術者が、こんな上水道の細かい知識まで事前に詰め込むのは極めて困難である。とりあえず、15問のうち9問(平成27年度からこれで足切りになる予定)が合っていればよいのである。したがって、必須科目では満点を狙わずとりあえず7~8割程度を目指して学習を進めることが効率的と考える。
まずは日本技術士会が公表している過去問(平成16年度~平成18年度)にチャレンジしてみて欲しい。そして不得手な分野を抽出した上で、効率的に知識の醸成を図ってほしい。
■参考資料
○過去問題(平成16年度~平成18年度)【(公社)日本技術士会】
○過去問題の正解)平成16年度~平成18年度)【(公社)日本技術士会】

 | Copyright © 技術士受験徹底指導・詐欺士の添削塾 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。