2012年07月

これまでの3部門5科目の合格経験に基づき、貴方の技術士二次試験受験について徹底的にサポートさせていただきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本番まで残すところあと1週間ちょっととなりました。
毎年言っておりますが、直前の悪あがきで覚えた知識。忘却に要する時間がない分、意外にもこれは一番身に付くと考えています。 あきらめず最後まであがいて下さい。
できれば来週木金くらいは休暇を取り、自分を最後の悪あがきに追い込むことをお勧めいたします。
さて、本年度の添削論文受付期限ですが、今年は幸い(?)私が無職状態で、皆様の悪あがきに専業でお付き合いできそうです。なので、いつもはだいたい試験日一週間前とさせていただいていましたが、今年は試験日3日前の平成24年8月2日木曜日23時59分までとさせていただきます。
以上何卒宜しくお願い申し上げます。

平成24年7月26日 詐欺士(建設部門 上下水道部門 総合技術監理部門)
スポンサーサイト

タグ : 技術士

先日もお伝えした技術士試験制度の改正内容について、文部科学省から発表がありました。

技術士試験の見直しについて

平成24年5月23日科学技術・学術審議会技術士分科会制度検討特別委員会
1.経緯
(1)技術士試験の見直しについては、第20回技術士分科会において、「制度検討特別委員会」を技術士分科会の下に設置することを決定し、現行技術士制度の諸課題についての検討を行うことになった。

(2)第1回制度検討特別委員会において、委員の互選により主査に池田駿介委員、主査代理に鳥養映子委員がそれぞれ選出された。また、技術士試験制度の見直し事項について機動的に検討を行うため、問題検討作業部会、免除検討作業部会及び技術部門・選択科目検討作業部会を設置し、諸課題について検討を行ってきた。 その結果、多くの優秀な技術者の技術士資格の取得を促し、技術士制度の更なる普及・拡大を図ることを目的に以下による見直しを行うことが適当との結論に至った。
 
2.技術士試験の見直し
【第一次試験】
(1)基礎科目及び共通科目
 共通科目は廃止する。
 基礎科目は、科学技術全般にわたる基礎的学識を確認する試験とし、大学卒業程度の基本的な知識から出題する。出題分野は、現行の5分野を基本とし、共通科目の出題内容にも配慮して出題する。現行の基礎科目より受験者の負担が増えることのないよう留意して出題するとともに、試験の難易度の安定化を図る。

(2)専門科目
 現行の出題範囲は変えないこととし、各技術部門の基礎的な分野に出題を重点化する。また、試験の難易度の安定化を図る。

(3)免除
 見直し後の基礎科目の姿を踏まえて、それに対応する免除の在り方及びその範囲を引き続き検討する。  JABEE認定修士課程について、第一次試験との同等性を確認した上で、第一次試験の免除の対象とする。

【第二次試験】
<総合技術監理部門を除く技術部門>
(1)筆記試験(必須科目)
 筆記試験の必須科目を択一式とし、技術部門に係る専門知識を確認する。試験問題の作成に際しては、極端に難易度が高い出題とならないよう留意する。合否決定基準に満たない者については、記述式試験の採点を行わない。

(2)筆記試験(選択科目)
 従来の選択科目については、解答数の2倍程度を出題数の目安とする。 選択科目に課題解決能力を問う記述式試験を新設する。出題する課題は2問程度とし、普遍的な課題からも出題する。

(3)技術的体験論文
 技術的体験論文は廃止する。受験申込み時に提出する業務経歴票について、技術的体験をより詳細に記載できる形式とする。

(4)口頭試験
 経歴の確認、応用能力及び課題解決能力、技術者倫理、技術士制度の認識について問うこととする。技術者倫理については、実務を踏まえた試問を重視する。 試験時間は20分程度を基本とし、必要がある場合は10分程度延長することを可能とするなど、弾力的に運用する。
 
<総合技術監理部門>
 総合技術監理部門の必須科目に係る口頭試験は、当該部門に求められる専門知識等を問うこととする。 試験時間は20分程度を基本とし、必要がある場合は10分程度延長することを可能とするなど、弾力的に運用する。 なお、総合技術監理部門を除く技術部門と同様に、技術的体験論文は廃止することとし、受験申込み時に提出する業務経歴票について、技術的体験をより詳細に記載できる形式とする。
 
3.技術部門・選択科目の見直し
 技術士を取り巻く環境の変化に合わせ、選択科目を時代のニーズに合ったものに見直すとともに、極端に受験者数が少ない選択科目については、その在り方を検討する必要がある。これにより更なる資格活用につながることが期待される。
 今後の見直しは、時代のニーズを踏まえ、産業界における技術士の活用状況並びに技術部門及び選択科目の将来性や技術の変遷に留意して実施するものとし、各技術部門の専門委員等から意見を聴取するなど技術士分科会において継続的に議論を行う。なお、見直しは、以下の考え方に基づくものとする。
○今後2年(平成25年度及び26年度)程度の受験者の動向を見て、受験申込者数が20部門全体の申込者数の0.05%を下回る選択科目については、当該選択科目の廃止を含めその在り方を検討することとする。また、同様に0.1%を下回る選択科目については、他の選択科目との統廃合や内容の変更を検討することとする。
○現在96ある選択科目の総数を上回らないこととする。
 
4.実施時期
 試験方法の見直しについては、受験者への周知や準備の期間等を考慮し、平成25年度の試験から実施する。

■技術士一次試験
共通科目が廃止になる一方で、共通科目の内容を基礎科目にも含めるようなことが書いてあります。
共通科目が無くなるということは、一級土木取得などによるこれの免除制度も無くなるののでしょうか・・・。
それにしても、共通科目の内容も基礎科目に入ってくるとなると、中高齢社会人で技術士補資格を持たない技術者はもはや切り捨てって感じがします。JABEE創設からかなり年月が経ちました。未だ技術士補さえ持たない者は、潔く技術士なんてあきらめて、技能者に徹するしかないということでしょう。

■技術士二次試験
○必須科目(一般)
必須科目(建設一般、上下水道一般)が記述式から択一式になるようです。6年前は記述式と択一式ミックスだったのを「択一式は一次試験の内容とダブっているので廃止する」としたのに矛盾していると思います。もっとも、今回の変更はいわゆる「足切り」が目的ということが明記されています。来年からは国土交通白書で「重要港湾整備率」とか「下水道普及率」とかいちいち細かいこと勉強する必要性が復活しそうです。頭が柔らかくて試験慣れした若手はともかく、中高年に対してはかなり辛いような気がします。

○選択科目(専門)
解答数の2倍程度を出題数にするってことは、大幅に問題の数が減るってことだと思います。また、「選択科目に課題解決能力を問う記述式試験を新設」とありますので、さらに新たな設問方式(例えば課題を与えられ実際に検討や設計をさせられる方式など)ができるのかもしれません。「出題する課題は2問程度」とありますので、現行とほぼ同様のボリュームだと思います。

○技術的体験論文
 技術的体験論文は廃止され、業務経歴票に体験業務に関して(詳細に?)記述する様式が採用されるようです。現行の技術的体験論文は後出しのため、既技術士の添削指導等でかなりフォローできますが、それができなくなります。添削の需要は「技術的体験論文添削指導」ではなく「業務経歴票添削指導」に変わるんでしょう。

○口頭試問
口頭試問の時間が20分~30分に短縮されますので、平成18年度以前に戻るような感じでしょうか。内容は少なくともこの半分くらいの時間は業務経歴票についてつっこむんでしょう。うーむ、業務経歴票がどのような様式になるかわかりませんけど、この内容は重要になりそうです。

○総合技術監理部門
技術的体験論文が業務経歴票に置き換わり、口頭試問が短縮されるのは一般部門と同様みたいですが、これを読む限り、試験の内容自体は変更ないみたいです。

■技術部門・選択科目の見直し
これを読む限り、受験者数の極端に少ない科目について、今後2年くらい様子を見て廃止や統合が実施されるようです。私が一番気にしていた「建設部門と上下水道部門の統合」とかは、幸い両方とも受験者の非常に多い部門ですのでないようです。ほっとしました。

以上はまだ概要の段階ですので、今後の発表にも十分注意しましょう。


それにしても、何も二次筆記試験直前の今、こんなもの発表するのはいかがなものかとも思いいますが・・・、まあ今年受ける受講生の皆様は、とりあえずこんな発表無視して勉強に注力、今年受かっちゃって下さい。

タグ : 技術士 試験制度

本番まで、あと10日という日程になりました。
まあ、この時期になったら、そろそろ腹を据えて下さい。
あれもでるかもしれない、これもでるかもしれないと迷うかもしれません。
でも、いまさら広く浅くははっきり言って無理です。
これまで学習してきたこと、そして自分が得意な分野でその場しのぎで対応可能なことを主体に最後の調整を図って下さい。
ちなみに、昨年私は建設環境に合格できましたが、「震災対策」「多自然川づくり」「都市緑化」の三つの骨子をおさらいしただけ、それでも合格できました。勉強したことがビンゴでバッチリでたわけではありませんでしたが、日頃の業務経験や、ちょっと特殊ですがここでやっている添削作業で得た知識でカバーすることができました。
試験には、試験勉強で得た知識のほか、日頃の生活で得た知識もフル稼働して臨んで下さい!

タグ : 技術士 解答方法

いよいよ本番まで20日を切る段階となりました。
■学習不足と認識されている方へ・・・
毎年言っていることですが、これからの「最後の悪あがき」は重要です。
なにしろ、覚えてから試験で書くまでの時間軸がありません。このため、悪あがきして学習さえすれば必ずといっていいほど試験の時に記憶として鮮明に覚えているものです。学習不足を認識されている方は1つでも多くのネタについて、「現状・背景」「課題」「問題点」「解決方策」を体系的に頭に入れるようにして下さい。
■順当に準備を進められている方へ・・・
骨子の整理、想定解答論文作成等に取り組み準備を進められている方は、そろそろ実戦モードに突入して下さい。具体的にはワープロを捨て、手書きで論文記述の練習をして下さい。「あれっ、この漢字思い出せないや!!!」というような漢字が必ずあるはずです。それは小学生時代を思い出し、何度も繰り返し書いて(いわゆる書き取り)覚えるしかありません。
いずれにしろ、これから3週間足らずが最後の勝負です。気合いを入れて学習に専念して下さい。

タグ : 技術士

技術士二次筆記試験まで本番まで1ヶ月を切りました。
受講生様の論文提出も頻度が高まり、添削に忙しい日々を送っております。
さて、都市計画専門では「怪しい」とさせて頂きましたが、建設一般においても、「持続可能性(サスティナビリティ)」が強く怪しいという気がしてきました。
少子高齢化や財政逼迫などの社会・経済情勢、そして地球温暖化や生態系の危機など環境問題、こうした中で今後も我が国の社会が持続的に維持・そして発展を遂げていくためにはどういった方策に取り組むべきか・・・。うーん我ながら出そうな気がするな~。
といことで例題18として追加しておきます。大震災関連とともに外せないテーマだと思いますので準備を怠りなく!
本年度の二次試験の最後の詰めの時期ですが、先日、技術士会の会長が、総会の懇親会における挨拶で「来年の試験制度改正」を正式表明しました。

日本技術士会、来年度から新試験制度
12/07/02 SANPO WEB  
 日本技術士会(内村好会長)は6月27日、東京・千代田区の経団連会館で第54回定時総会を開催し、終了後に懇親パーティーを開催した。内村会長は技術士試験制度について、「前回の見直しから5年経過し、試験のあり方について活発な議論が行われている。平成25年度から新しい制度で試験を実施する見通しであり、内容についてはパブリックコメントで紹介する」と挨拶した。
 会場には斉藤鉄夫、若井康彦両衆議院議員、文部科学省、国土交通省、経済産業省などから多数の来賓が参集した。
 内村会長は会長就任1年を振り返り、「昨年は当会創立60周年の節目に当たり、次の60年に向けた改革の第一歩と所信を表明した。前進したものもあれば新たな課題も浮上している」と指摘。来年度から新制度に移行する予定の試験制度に関しては、「若干の受験者数減少を危惧するが、今後の受験者数増加とともに技術士の増加に期待する」と述べた。
 また、全体で7万5000人の技術士に対し会員が1万4000人にとどまる現状や、会員の高齢化などに対する内外からの指摘に対しては、「自身を含め『年寄り元気で何が悪い』と開き直っている。1万4000人の会員が存在し着実に成長する団体がほかにどのくらいあるのか。与えられた環境で何を行っていくかが重要ではないか」と語った。

噂では、択一が復活するとか、口頭試験が短くなるとかいろいろ言われていますが、まあ、平成19年度から既に6年目で改定があってもおかしくない時期なんですね。
気になるのは、部門の数が大幅にリストラされるという噂。上下水道と建設が合体なんてなったらいやだな~。
とりあえず、今後近いうちに発表されるであろうパブコメの内容に注目しておきましょう。
但し、受講生の皆様は、制度改定なんて関係無しで今年のうちに受かっちゃって下さい!

タグ : 技術士 試験制度

 | Copyright © 技術士受験徹底指導・詐欺士の添削塾 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。