I-2-1の解答私案を考えてみました

これまでの3部門5科目の合格経験に基づき、貴方の技術士二次試験受験について徹底的にサポートさせていただきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年の都市及び地方計画のI-2-1は良問だと思います。
おもしろそうなので解答してみました。
I-2-1 下の表は、ある地方都市の人口等の推移である。この都市の現状及び推移のそれぞれについて、都市計画の観点から重要と考えられる事象を挙げて説明せよ。また、この都市の将来についてあなたが考える課題を1つ挙げ、行政がとるべき対応策とその適用に当たっての留意点を述べよ。
都計1-1-1表

設問における地方都市をA市とした上で、以下に解答を記述する。
  

1.A市の現状及び推移

 A市では、市域の総人口、DID 地区内面積と人口、市街化区域面積と人口のいずれもが1965年から1985年にかけて増加している。これは、高度成長期からバブル期にかけて、人口の急激な増加とともに都市構造の拡大が進んだことを示している。

 しかしながら、バブル期以降、市街化区域の人口は引き続き微増傾向にあるが、総人口は1985年以降に早くも減少に転じている。我が国全体の人口ピークは2005年頃と推定されている。したがって、A市の少子・高齢化による人口減少は全国平均よりかなり早く始まっているといえる。これは3大都市圏以外の地方中小都市の典型的なケースである。

 一方、市街化区域に関しては、1995年から2005年にかけても約300ha強拡大している。A市では人口減少社会を迎えた以降も、拡大基調の都市政策を取りつづけていることが伺える。

  

2.都市計画の観点から重要と考えられる事象

 私は以上に示した現状及び推移から、都市計画において重要な事象には以下に挙げるようなものがあると考える。

1) 市街化区域拡大や都市計画道路新設等に伴い、住宅団地のほか、公的機関、病院、大型商業施設等の郊外立地の拡大

2) 上記の都市構造拡散と、全国的に進んだモーターリゼーション進展等による「クルマ社会化」の進行と、これに伴う鉄道、バス等公共交通機関の衰退

3) 郊外に立地していた農地や山林等が開発行為等により失われてしまったことによる緑被率の減少

4) 都市計画道路(バイパス)沿いへの郊外型大型商業施設立地等に伴う中心市街地の衰退

  

3.A市が解決すべき課題

 以上に示した事象に対応するため、A市の都市行政は、無秩序な拡大基調の都市政策を改めるとともに、今後ますます進行する高齢化に対応可能なまちづくりを進めていく必要がある。このためには、都市構造の集約化等の施策により「歩いて暮らせるまちづくり」を目指すべきと考える。 

 

4.A市行政が取るべき対応策と留意点

(1) 都市構造の集約と中心市街地活性化

 公共施設や病院、商業施設等、都市拠点機能の中心市街地への再配置を検討すべきである。また、これまで郊外部に居住していた高齢者等を受け入れる居住区についても、中心市街地至近に設ける必要がある。同時に、中心市街地への商業施設誘導等により、中心市街地に失われていたにぎわいを取り戻す取組も必要である。このようなコンパクトなまちづくりを進めるに当たっては、住民や地権者、商工関係者等との合意形成が重要である。このためには、こうした多様な関係者が主体的に計画に参画する仕組みづくりが必要と考える。

  

(2) 都市交通の再構築

 中心市街地を主体に、道路・交通体系の再構築を図る必要がある。公共交通について、融通性の高いLRT やデマンドバス等採用も含めた魅力向上策を図るとともに、歩道、交通結節点、車両等、連続性を持ったバリアフリー化を実現していくべきである。

  

(3) スマートシュリンクによる緑農地再生

 施設や住宅の郊外からの撤退により、利用密度が低下した郊外の土地利用をうまく誘導して、自然あふれる空間を目指していくことも必要である。未利用地となった郊外部に、緑地や農地、都市公園等を配置することで、緑豊かな都市外輪部を構成することが求められる。

―以上―


こんな感じでどんなもんですかね・・・
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 | Copyright © 技術士受験徹底指導・詐欺士の添削塾 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。