平成23年度技術士二次試験・筆記推定合格率

これまでの3部門5科目の合格経験に基づき、貴方の技術士二次試験受験について徹底的にサポートさせていただきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
二次試験筆記結果発表後最初の週末です。
受講生様から続々と突破の報告がある一方で、第1ステージ突破が果たせなかった残念な報告も入ってきております。
既に平成24年度技術士二次筆記試験まで、10ヶ月を切っております。
悔しい結果となってしまった方は、しばらくゆっくりされた後、十分な敗因分析に基づき再スタートを切って下さい。
さて、本日は、昨日発表の合格受験番号等から筆記試験の合格率を推定してみます。
推定する科目は講座対象の「建設部門-都市及び地方計画」「建設部門-河川、砂防及び海岸・海洋」「上下水道部門-下水道」、そして私が私的に知りたい「建設部門-建設環境」です。
1.申込者の推定
各受験地の合格者最大番号の総計が申込者数に近いのですが、実際にはこれよりさらに大きい数字の不合格者がいます。
まあ概ねということで、とりあえずこうした不合格者(含む受験辞退者)がどこの受験地でも5人居ると推定しました。
以上により、受験地ごとに合格者の一番大きな数字(五千番台の受験地変更者がいればこれも加える)に5を加えて算出しました。

2.受験率及び受験者数
平成22年度と同様と考え、日本技術士会から発表されている以下の値を用いました。
◆建設部門-都市及び地方計画78%
◆建設部門-河川、砂防及び海岸・海洋:79%
◆建設部門-建設環境:75%
◆上下水道部門-下水道:72%
以上を各地の申込者数に乗じ受験者数としました。 

3.算出結果
下表に推定結果を示します。
合計値の受験率が変な数字になってしまいますが、各受験地の計ということで気にしないで下さい。もちろん実際はここも合わなければおかしいのですが、あくまで推計ですので・・・。 
H23筆記推定合格率  
以下はあくまで私の私的推測です。「そんな考えもあるな・・・」程度のスタンスでお考え下さい。
確証はありませんが、恐らくこの結果が口頭試問の合格率に影響を与えることも十分考えられます。
都市計画と建設環境は、15%~16%概ね例年通りといった感じです。したがって、例年通りの合格率なんではないでしょうか。
河川は13.4%と低めですが、毎年これ以上に低いので、口頭試問の合格率が高まることはあまり考えられません。
下水道は19.4%と高めです。下水道では昨年も合格率が高く、最終合格率も2割を超えていました。このため、今年も高合格率はあまり考えられないことから、口頭試問でバッサリ切られることが懸念されます。
以上、あくまでも推察ですので、結果は蓋があくまでわかりませんが・・・
※なんか異常にこれを見に来る人が多いので詳細を再チェック、一部微修正しました。(H23/11/08)
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 | Copyright © 技術士受験徹底指導・詐欺士の添削塾 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。