聞かれたことのみ答えよ

これまでの3部門5科目の合格経験に基づき、貴方の技術士二次試験受験について徹底的にサポートさせていただきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少々遅めではありますが、あけましておめでとうございます。
本年も技術士受験に有益な情報提供に尽力したいと思いますので宜しくお願いいたします。

さて、SUKIYAKI掲示板を見ると、年が明け、口頭試問終盤戦が開始されているようです。

昔、総監の口頭試問を受けたとき、「CPDについて知っているか」という質問を受けました。
私は、CPDが継続研鑽の状況を記録、登録する制度という解答を述べた上、「私は技術士会の会員ではありませんが、技術士会のCPD登録システムは会員以外にも解放されているのでこれによりCPDの管理をしております。」と述べました。
すると、試験官は怪訝な表情で「え~~、詐欺士さんは技術士会の会員じゃないんだ・・・。」という予想外の答え。
まあ、これが原因かどうかは定かではありませんが、結局この時の口頭試問は落ちました・・・。

口頭試問は試験官の尋問に答えることが基本です。
質問に関連した余計なことに言及することは、場合によっては「周辺知識の豊富さ」等をアピール出来る可能性がありますが、基本的に採点外の行為です。

これから口頭試問を受ける人は、くれぐれも「聞かれたことのみ答える」という口頭試問の基本姿勢を再認識して挑んで下さい。
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 | Copyright © 技術士受験徹底指導・詐欺士の添削塾 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。