新しい公共

これまでの3部門5科目の合格経験に基づき、貴方の技術士二次試験受験について徹底的にサポートさせていただきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ある都市計画を目指す受講生様から、都市計画専門において「新しい公共」に関する予想問題に向けた解答の添削依頼がまいりました。実に鋭い予測だと思います。
そして、私は都市計画の他、建設一般でも大いに可能性があると思います。

建設一般ではかつて、以下のような「PI」「市民参加」がネタにされたことがあります。
平成15年度 II-2-2
いろいろな分野・場面での市民参加の声が高まりつつあるなか、社会資本整備を進めるに当たっての社会的合意形成のあり方について、あなたの意見を述べよ。

これから既に8年余り経過しています。この延長線上で、なおかつ維持管理とも強く結びついている「新しい公共」、激しく臭います。
今年は「震災」と「新しい公共」で決まりかもしれません(って断言ではないので信じる人だけ信じて下さい、保証はしませんのであしからず・・・)。
ところで、もし本当に新しい公共が出る場合、まだあまり事例がないので「課題を挙げる」のが難しい(新しい公共を広めること自体が最大の課題のような気がする)気がします。
以上により予想問題として「課題3つ+解決策(ここ2年の定型タイプ)」(例題14)のほか、「意義3つ+推進方策」(例題15)もアップしてみました。参考にして下さい。
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 | Copyright © 技術士受験徹底指導・詐欺士の添削塾 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。