自転車利用に向けたまちづくり

これまでの3部門5科目の合格経験に基づき、貴方の技術士二次試験受験について徹底的にサポートさせていただきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、自転車の事故が社会問題になっています。歩道走行方法など、交通法規も見直されたようです。
しかしながら、自転車は健康的で、なおかつ地球に優しい、短距離交通の手段としては大変すばらしいものです。今後も利用促進に向けた環境整備を図っていく必要があります。
こうした中、平成24年4月5日に国土交通省と警察庁が合同で設けた「安全で快適な自転車利用環境の創出に向けた検討委員会」が提言をとりまとめ、国土交通大臣と警察庁長官に提出しました。
まあ、道路では出題確率が極めて濃厚(今年これにヤマ張って道路リベンジでも目指すかな)ですが、「自転車利用環境」っていわれると都市及び地方計画でネタにされても全く不思議じゃないですね。
平成21年度に、都市及び地方計画の専門で、次のようなのが出ています。
I-2-2 近年、我が国の都市整備において「歩行者空間の復権」について議論がなされている。このような議論がなされるようになった社会的背景を述べた上で、歩行者空間の現状における課題を挙げ、今後歩行者空間の整備を推進するためにどのような方策をとるべきか、あなたの考えを述べよ。
これの「歩行者空間」がそのまま「自転車利用空間」に置き換わったのが出そうですね。ということで例題2-28として予想問題を追加しておきます。
この記事へのコメント
こんばんは。

何度か書込みさせていただいております某自治体技術者です。

都市及び地方計画では、都市交通関連から必ず一題出題されており、道路も時事ものがよく出るので、詐欺士さんの予想が的中する可能性が高いと私も思います。

試験もさることながら、自転車走行環境の改善は、非常に重要であるとも思いました。

脇から失礼しました。
2012/04/10(火) 01:22 | URL | インハウス技術士 #-[ 編集]
インハウス技術士様、おはようございます。

事故が多くて、3m以上の歩道でないと走ってならなくなるなど自転車は旬のネタです。
「なんかクサいな」と思った次第です。
道路ではさらに出題確率が高いと思います。

とにかく2月~5月初めの頃の通達や制度改正は重要だと思います。
この時期のニュースを見ながら試験委員の方は問題を考えるのだし・・・。
2012/04/10(火) 07:31 | URL | 詐欺士 #mQop/nM.[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 | Copyright © 技術士受験徹底指導・詐欺士の添削塾 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。