技術士補(技術士一次試験)は誰でも受かる

これまでの3部門5科目の合格経験に基づき、貴方の技術士二次試験受験について徹底的にサポートさせていただきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本年度の技術士一次試験について、本日合格発表がありました。
合格された方々、おめでとうございます。
引き続き、二次試験突破に向けて、技術力を研鑽していってください。
早々と技術士会に統計情報がアップされていました。
部門ごとの合格率は以下の通りとなっております。
H24一次試験合格率 
平均して63.3%と、ものすごく高い合格率となってます。
また、以前「一次試験の合格率は部門ごとに大きく異なるので合格率の高い部門で受けると有利」みたいなことを書きましたが、最低の上下水道部門でも54.5%と、今年は総じて合格率が高い状況になっています。
今年は合格基準に係る制度変更等はなかったことから、総合的に設問の難易度が低くなったのでしょう。一次試験は「部門ごとの難易度の差」が問題になっていました。この対策として「最も易しいレベルを基準に難易度を統一」した結果と推察されます。
いずれにしろ、この程度の合格率の資格試験は、日々の業務さえきちんとやっていれば無勉や一夜漬けでも十分受かるレベルです。
技術士補取得を強制されなかった時代(平成14年以前)から技術士二次試験に挑戦してきたが、平成15年度の技術士補取得必須になってからあきらめてしまった40代~50代の方はたくさんおられると思います。
しかしながら、こんな一次試験なら合格はたやすいと思います。こうした方は、もう一度奮い立って再挑戦することをおすすめします。そして、あきらめてしまっていた「技術士」を目指しましょう!。応援いたします。
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 | Copyright © 技術士受験徹底指導・詐欺士の添削塾 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。