新しい様式の経歴の書き方

これまでの3部門5科目の合格経験に基づき、貴方の技術士二次試験受験について徹底的にサポートさせていただきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新しい業務経歴票の様式、体験業務記入欄ができたせいで、経歴記入欄がすごくシンプルになりました。
具体的には以前は10行あった記入欄がたった5行しかありません。
ここでは、以前の様式をどのようにまとめるかについて考えてみましょう。
ネタとして以下の旧業務経歴票(私の都市計画受験時のものベースです)を取り上げ、これを新様式の場合どのように書くか考えてみましょう。
業務経歴票
まず、勤務先・所属部署ですが、これまでは転職の他、配置換えも明記していました。でも、古い経歴は一つの会社で1行程度にまとめるしかありません。役職も最終のものを載せておくしかありません。さらに今の私が素直に書くとそうですが、転職経験が多い場合等は複数の会社に在籍していた期間をまとめる必要性も出てきそうです。
業務内容についても、どうしてもおおざっぱな感じでとりまとめるしかありません。これまでは、特に技術的体験論文のネタや新しい経歴は1行づつにして具体的な業務内容(単一業務を前提とした)を書いていましたが、この部分もある程度とりまとめ、概要記述の形になると思います。
ということで、新様式で書いてみたのが以下の物です。
sinyousiki.jpg
それにしても、転職や出向が多い人、業務内容変更を伴う異動が多い公務員の人には本当に酷な様式変更だと思います。

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 | Copyright © 技術士受験徹底指導・詐欺士の添削塾 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。