成績通知の読み方

これまでの3部門5科目の合格経験に基づき、貴方の技術士二次試験受験について徹底的にサポートさせていただきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
技術士二次試験を受験された方々、成績通知はお手元に届きましたか?
試験制度改正を受けて、今年から成績通知の方法が変わったようですね。
まず、変更した採点基準を以下に示します。
技術士試験配点表
昨年までは、問題I(一般科目)と問題II(専門科目)がそれぞれA(30点以上)、B(20点~30点未満)、C(20点未満)と通知され、ひとつでもBがあるとアウトでした。
今年は、一般問題(問題I・択一)は実際の得点(30点満点)、専門問題は問題II、問題IIIのそれぞれの評価(A:24点以上、B:16点~23点、C16点未満)と、これを踏まえた総合評価が通知されるようになりました。
特記すべき事項として、問題IIもしくは問題IIIがBでも、専門の総合評価がAの受講生さんがおられます。このため、「問題IIの得点+問題IIIの得点=48点以上」であれば、専門がクリア出来る制度であることが推察されます。成績が内訳の部分まで通知されるようになったということであり、従来よりほんの少しですが親切になったといえます。
できればさらに問題IIの内訳まで知りたいですが、とりあえず、問題II、問題IIIのどちらかがBやCで不合格だった場合は、その科目の能力を重点的に向上させる取り組みが必要なのは明らかです。

タグ : 技術士 採点

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 | Copyright © 技術士受験徹底指導・詐欺士の添削塾 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。