新下水道ビジョン2100

これまでの3部門5科目の合格経験に基づき、貴方の技術士二次試験受験について徹底的にサポートさせていただきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国土交通省では、昨年10月より、「新下水道ビジョン」なる基本方針を議論しています。
●平成26年4月段階の試案はこちらの会議資料で入手することが出来ます
これが正式に出されるのは6月ということです。
まあ、作問時期はとっくに終わっていますが、試験(8月)よりは前に出されるため注意した方がいいと思います。
平成18年に私が河川に合格したときのことです。
作問時期をとっくに過ぎたその年の5月のおわりに【提言「多自然川づくりへの展開」】というものが国土交通省から示されました。
作問時期は過ぎていたことは知っていましたが、私はこれを集中的に学習したところ、本番ではドンピシャリの問題が出ました。
結局提言の概要版みたいなこと(さすがに「多自然型川づくりから多自然川づくりに展開すべきである」とは書きませんでしたが・・・)を書いてA評定を頂くことが出来ました。
ということで、下水道で受験される方は、6月に正式版が出たら熟読して本番に望むことをお勧めします。

タグ : 下水道 予想問題

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 | Copyright © 技術士受験徹底指導・詐欺士の添削塾 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。