生物多様性建設一般問題

これまでの3部門5科目の合格経験に基づき、貴方の技術士二次試験受験について徹底的にサポートさせていただきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戯言ブログにも書きましたが、今年は白書刊行の遅延もあるのでしょうか、受験者の建設一般に対する関心が高いようです。
ということで、今日は建設一般の予想をしてみましょう。



今年の10月に「生物多様性条約第10回締約国会議(通称COP10)」が名古屋で開かれます。
生物多様性については、建設環境や環境部門では「超本命」だと思ってました(この講座は対象外なので見てる人は少ないと思いますが建設環境で受ける人は絶対はずさない方がよい)が、特に政権交代による混乱の中で国土交通白書が刊行できないような状況に陥っている中で、「生物多様性ネタ」による建設一般問題出題の可能性もなんか高いような気がしてきました。


とりあえず、最有力な設問ネタは、今年3月に見直された生物多様性国家戦略だと思います。
生物多様性国家戦略2010


建設部門の具体的な取り組みは、下記のようなものを参考にするといいと思います・・・。

国土交通省の取り組み(h210728生物多様性国家戦略小委員会資料)

早速ですが例題の方も検討して、追加しておきますので参考にして下さい。




余談ですが、この方面はずいぶんゼネコンさんが力を入れているみたいですね。

■鹿島建設http://www.kajima.co.jp/csr/environment/problem4/index-j.html
■大成建設http://www.taisei.co.jp/about_us/csr/kankyou/jirei/seibutu.html
■戸田建設http://www.toda.co.jp/news/2010/20100223.html

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 | Copyright © 技術士受験徹底指導・詐欺士の添削塾 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。