上下水道一般ストックマネジメントネタの勉強

これまでの3部門5科目の合格経験に基づき、貴方の技術士二次試験受験について徹底的にサポートさせていただきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
試験まで後2ヶ月ちょっととなりました。
添削論文を見て思うのですが、解答作成に当たっては是非とも「問題をよく読む」ことに留意してください。
特に、章立ては設問にオウム返しするクセをつけてみてください。
いくら設問に関する周辺知識を豊富に有しているからといって、そこで脱線してはいけません。
以前ココにも書きましたが、あくまで、「問題文で聞かれている事項」に呼応し解答することで、その内容の評価が得られるのです。


今日は上下水道一般対策について書きます。
4月に戯言ブログに、多少ふざけた文章ですが、今年は「地球温暖化」「アセットマネジメント維持管理」「コスト縮減」が大本命みたいなことを予測しました。
もちろん私は今でもそう思っていますし、例題もこの2つを限定して掲載しています。
※外れても責任は持てませんが・・・(^^;;;


さて、記事の中味に書いたとおり、「アセットマネジメント維持管理」と「コスト縮減」は複合技となる可能性も非常に高いと考えられます。
今日はこうしたストックマネジメントネタの解答方法や勉強方法についてちょっと考えてみます。


上下水道では、今年も例年と同様、問題と一緒に参考資料が沢山提供されると思います。
これらの意図するところを十分考察してみるとともに、定量的な数値などを本文に引用してまとめます。
これにより、「参考資料」とのつながりが100%担保できます。また、建設一般などでこうした定量的な表現をするためには、白書等の通読、暗記が必須ですが、上下水道一般では書き写すだけです。大いに活用しましょう。


骨子としての学習する内容は、例えば下水道なら「維持管理指針」のお勉強が一つの方法ではあるかとは思います。
でも、上下水道一般は「旬の話題」について問われるのです。
私なら、ストックマネジメントネタは、次の資料の把握につとめるのみです。何年も前に策定された分厚い維持管理指針の勉強なんて、非効率なのでしません。


●H21改訂版下水道長寿命化支援制度に関する手引き(案)(平成21年6月)
●水道事業におけるアセットマネジメント(資産管理)に関する手引き(平成21年7月)

もし出題される場合は、これだけの勉強で十分と思いますよ。
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 | Copyright © 技術士受験徹底指導・詐欺士の添削塾 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。