上下水道部門・上下水道一般(問題I)・出題傾向予測と受験準備方法

これまでの3部門5科目の合格経験に基づき、貴方の技術士二次試験受験について徹底的にサポートさせていただきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●上下水道部門・上下水道一般(問題I)
●ご覧頂くに当たっての留意事項
まずはじめに、ここに書いた内容は、平成25年2月段階で収集可能な情報に基づき推察した内容であり、確定的事項ではない。その旨十分留意した上でお読み頂きたい。なお、新たに情報が判明した段階、平成25年8月に試験問題が明らかになった段階等で、必要に応じ内容を修正する予定であることを付記しておく。
従来の記述式問題が廃止され、平成18年度まで実施されていた択一形式が復活する。具体的には20問が出題(5者択一)され、このうち15問を選択して回答する形式となる。
試験で問われる内容に関し、オーソライズされている事項は以下の通りとなっている。
◆問題の種類
「上下水道部門」全般にわたる専門知識
◆概念
「上下水道部門」において不可欠な技術、業務遂行に際して必要な社会制度等に関する専門的な知識
◆内容
「上下水道部門」における不可欠な技術、社会的に重要なキーワード、業務における関連法規・制度等に対する専門的知識を問う。
◆配点
30点/満点110点
※平成24年度までは50点/満点100点であった。このため、重要度は低くなっているといえる。この設問は将来的には「足切りツール」(平成27年度より足切りツールとして用いることが日本技術士会よりオーソライズされている)という意味合いが非常に強くなることが予測される。
 ■出題形式予想
今のところ、基本的には平成18年度まであった択一式が復活する物と考えて差し支えないと考えている。この根拠として、平成25年度からの試験制度改正発表以後、日本技術士会が昔(平成18年度以前)の択一式過去問をインターネット上に公開したことが挙げられる。
■受験準備の基本方針
基本は最新版の国土交通白書、日本の下水道等の内容を把握すること、そして土木工学や衛生工学等の基礎をおさらいすることにつきる。なお、上水道については、厚生労働白書(殆ど水道に関する記載がない)よりも日本水道協会のHP等の方が参考になる。
また、東日本大震災、適正なインフラ維持管理、低成長・少子高齢化社会に向けた社会基盤整備のあり方等、社会・経済情勢を反映した出題も予想される。日常から新聞やマスコミ報道で社会動向を十分把握するとともに、上下水道部門全般に関連する課題や解決方策のあり方等について認識を高めておくことが求められる。このためには、「下水道協会誌」「月刊下水道」等といった業界の専門雑誌に目を通しておくことが非常に重要である。
さらに、専門問題同様に「下水道施設計画・設計指針と解説」「水道設計指針2012」等、重要な基準書などが最近改訂された事項はネタにされやすいので着目し知識を整理しておくべきである。
また、択一試験の勉強法は「過去問攻略」が非常に重要である。具体的には技術士会が公開している過去問、さらには市販の問題集や技術士一次試験の専門科目過去問題をたくさんやり、併せて答え合わせを繰り返すことで、解答能力を醸成させる必要がある。
なお、例えば「浄水施設の沈殿池における流速」等、非常に細かい出題内容もある。しかしながら、下水道の技術者が、こんな上水道の細かい知識まで事前に詰め込むのは極めて困難である。とりあえず、15問のうち9問(平成27年度からこれで足切りになる予定)が合っていればよいのである。したがって、必須科目では満点を狙わずとりあえず7~8割程度を目指して学習を進めることが効率的と考える。
まずは日本技術士会が公表している過去問(平成16年度~平成18年度)にチャレンジしてみて欲しい。そして不得手な分野を抽出した上で、効率的に知識の醸成を図ってほしい。
■参考資料
○過去問題(平成16年度~平成18年度)【(公社)日本技術士会】
○過去問題の正解)平成16年度~平成18年度)【(公社)日本技術士会】
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 | Copyright © 技術士受験徹底指導・詐欺士の添削塾 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。