骨子表からの論文展開

これまでの3部門5科目の合格経験に基づき、貴方の技術士二次試験受験について徹底的にサポートさせていただきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鳥居様(APEC様)のサイトや著書等に「骨子法」という二次試験の学習方法が紹介されています。
ご存じの方がほとんどと思いますが、出題が予測されるテーマについて、
1)現状・原因
2)課題
3)課題解決に当たっての問題点
4)課題解決の方向性
5)解決に向けた具体的施策
の各項目で関連づけてまとめることで、出題予測テーマに対する体系的な知識とするものです。
オーソドックスな表としてまとめるのも良いですし、近年はやりのマインドマップ等を用いるのも有効だと思います。
この骨子法自体は非常に効率的な学習方法だと思います。

但し、解答は「問題文」によって「解答すべき事項」「解答すべき順番」が決められています
したがって、骨子法の表の順番通りにはならないことに留意する必要があります。
過去問をひとつ取り上げ、「骨子表でまとめた内容をどこに書くか」を考察してみたいと思います。

■平成19年度・建設一般
Ⅱ-1
産業構造の変化等により、人口減少傾向にある地域における社会資本整備の課題を挙げ、厳しい財政の制約の下で、地域の活性化を図っていくための社会資本整備のあり方について、具体策を示しあなたの意見を述べよ。

この設問が解答を要求している事項は次の通りです。
●産業構造の変化等による人口減少傾向にある地域における社会資本整備の課題
●厳しい財政の制約の下で、地域の活性化を図っていくための社会資本整備のあり方について、具体策とあなたの意見

では、章立てをしてみましょう。

1.はじめに

2.社会資本整備の課題

3.今後の社会資本整備のあり方

4.おわりに

章毎に具体的な記載内容を検討しましょう。

1.はじめに
この設問では「現状」とか「これまでの問題点」というものを明確に要求していません。
しかしながら、「課題」は書くよう指定しています。
課題を示すには、現状における問題点、すなわち現状分析があると非常にわかりやすくなります。
「現状及び問題点」等という章を設けてここに書く方法もありますが、今回設定した章立てでは「はじめに」で現状分析してしまう方法を考えたいと思います。

2.社会資本整備の課題
「少子高齢化進行、低成長社会への移行等、産業構造の変化を踏まえた社会資本整備の課題は以下の通りと考える。」等のような「オウム返し」の前文を付けた上、「課題」を書きます。

3.今後の社会資本整備のあり方
「以上に挙げた課題を踏まえ、地域の活性化を図っていくための社会資本整備のあり方について、具体策を示しつつ私の考えを述べる。」等のような「オウム返し」の前文を付けた上、「解決に向けた具体的施策」を書きます。
ここで留意する必要があるのは、「具体的施策」だけではなく「課題解決に当たっての問題点」「課題解決の方向性」というエッセンスを十分組み入れる必要があることです。そして、これこそが「あなたの意見」として採点者に評価される内容になります。テクニックとしては「文章で繋ぐ」方法もありますし、「箇条書きを活用する」方法もあります。

一例として「課題」「課題解決に当たっての問題点」「課題解決の方向性」「解決に向けた具体的施策」の体系的知識が以下の通りあったとします。

■課題
・低成長型の社会情勢において、今後も膨大なストックの適正な維持管理を実施していく必要がある
■課題解決に当たっての問題点
・税収不足、社会福祉コスト増大で今後ますます財政が逼迫
■課題解決の方向性
・維持管理コストの縮減
・民間活力導入等による効率化
■解決に向けた具体的施策
・アセットマネジメント(予防保全型維持管理)の適用
・PFI/PPPの適用による効率化
・維持管理に係る新技術開発によるコストの縮減

●文章でつなげる
 今後も財政状況の大きな改善は期待できない。こうした中で適正な維持管理を実施していくためには、PPP/PFIを適用し、効率的な維持管理の仕組みを構築していくことが必要である。また、アセットマネジメント(予防保全型維持管理)の適用による、年次管理コストの平準化とトータルコスト縮減も重要と考える。さらに、社会基盤の補修・修繕に係る技術開発を進め、維持管理コストを縮減していく取組も求められている。

●箇条書き
 今後も財政状況の大きな改善は期待できない。私はこうした中で適正な維持管理を実施していくためには、次に挙げるような施策が必要と考える。
 ○PPP/PFIの適用等、民間活力導入による効率化
 ○アセットマネジメント(予防保全型維持管理)の適用による年次管理コスト平準化とトータルコスト縮減
 ○補修・修繕に係る技術開発推進による維持管理コスト縮減

以上をまとめます。

1.はじめに
 ■現状・原因

2.社会資本整備の課題
 ■課題

3.今後の社会資本整備のあり方
 ■解決に向けた具体的施策
  但し、「■課題解決に当たっての問題点」「■課題解決の方向性」のエッセンスを「私の意見」として十分取り入れつつ書く

4.おわりに

とまあ、こんな具合にまとまると思います。

この問題は非常に素直なタイプですね。
機会があったら別のタイプもやってみたいと思います。

タグ : 技術士 解答方法

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 | Copyright © 技術士受験徹底指導・詐欺士の添削塾 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。