公園緑地の管理

これまでの3部門5科目の合格経験に基づき、貴方の技術士二次試験受験について徹底的にサポートさせていただきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんか久々の投稿です。
でも、(受講生様はもちろんご存じだと思いますが・・・)添削の方はいよいよ今が旬の真っ盛りになってきています。
また、追加添削を受講される方が多いので、非常に嬉しくやりがいを感じております。
さて、今日は示している例題の中から一問選んで、骨子や解答方法について私見を書きます。
お題は都市及び地方計画の以下の問題です。
例題2-23
公園の維持管理の現状と課題について述べるとともに、今後の公園管理のあるべき姿についてあなたの意見を述べよ。

○解答の基本方針と骨子
公園にしろ何にしろ、「維持管理」という語句が出たら反射的に以下の「お決まり事」の適用を考えます。
◇日本の役所は何でも整備に予算や人材はつくけど管理にはつかない
◇少子高齢化、低成長、税収不足、予算さらに縮小
ただ、通常の公共施設維持管理だと、上記から「アセットマネジメント(予防保全型維持管理)」に持って行くのが現在の王道ですが、公園緑地の場合は少々違います。(「遊具」とか「土木施設」とか限定条件があればAMもありですが・・・)
公園の王道は「PPP/PFI」と「地域や市民の参画」です。
そして生物を相手にしますので、臨機応変な対応が必要です。このためには「継続的なモニタリングとこれに基づいたスパイラルアップ」とか「インパクト&レスポンス解明」といった生態系的な要素も重要です。
ということで、解答の骨子としては、以下のような感じになるのかなと考えます。
■現状及び問題点(A)
◇公共事業全般と同様、整備への予算や人的資源投入と比較して、維持・管理への予算や人的資源の投入が十分でない→植栽の管理不十分、老朽化遊具における事故等
◇地方自治体等管理者側における組織や管理体制が十分でない
◇調達制度や実際の維持管理手法(造園土木工法)等はコストが十分縮減されたものとはいえない状況

■課題(B)
◇公園を維持・管理する体制の充実
◇公園の維持・管理に係るコスト縮減
◇効率的な管理手法等の確立

■問題点(C)
◇今後低成長成熟社会へと向かう中、必要な予算の増額は非常に厳しい
◇役所も今はリストラが進んでおり、これ以上人的資源を充実させるのが困難
◇植栽管理等は生物を相手に行うことものであり、モニタリングを実施しつつ適切な対応を随時取ることが求められる

■あるべき方向性(D)
◇維持管理体制への民間や地域住民等の参画
◇PDCAサイクルによる維持管理の適正化
◇技術開発の推進

■具体的な方策(E)
◇指定管理者制度の適用等、PFI/PPP等による民間活力の導入
◇地域住民や市民団体等新たな公の活用
◇維持管理に関する継続的なモニタリング実施と結果のフィードバック
◇インパクト&レスポンス等も十分踏まえた維持管理に関する技術開発
○章立てと構成の検討
以上の骨子について、これを単にそのままこの順番で論文として仕上げても、現在(平成19年度以降)の技術士二次試験ではA評定を取ることは困難です。問題文をよく読んで、これにオウム返しになるよう章立てや記述内容を構成しなければなりません。
問題ではまず「公園の維持管理の現状と課題」を述べ、「今後の公園管理のあるべき姿についてあなたの意見」を述べろとしています。改正後の問題としては比較的短文で指定事項は少ないですが、この要求事項には必ず合致させなければなりません。
私なら、章立てと書く内容構成(骨子に明記したアルファベット)は次の通りとします。
1.はじめに
2.公園管理の現状と課題
(A)を文章化してつづるとともに、課題として(B)を箇条書きで提示する。
3.今後の公園管理のあり方
(C)を文章化(紙数がなければ箇条書きでもよい)して書いた上で、「以上のような問題に対処しつつ課題を解決していくため、次に挙げるような施策を推進すべきと考える。」として、(D)を小題として、それぞれ該当するものを(D)から選んで書く。
(1)維持管理体制への民間や地域住民等の参画
(2)PDCAサイクルによる維持管理の適正化
(3)技術開発の推進
4.あとがき

まあこんな感じですかね。
本番ではくれぐれも、問題文をよく読んで、これに対応した解答を心がけて下さい。
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 | Copyright © 技術士受験徹底指導・詐欺士の添削塾 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。