お疲れ様でした

これまでの3部門5科目の合格経験に基づき、貴方の技術士二次試験受験について徹底的にサポートさせていただきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日の熱い戦いに参戦した皆様、お疲れ様でした。

私も建設環境を受けて参りました。
建設一般は、「あれ~っ」と思うほどオーソドックスで素直な問題。
「社会・経済情勢を踏まえた今後の社会資本整備」
「建設産業の再生に向けた課題と取り組み」

震災、想定外、大津波のみの準備しかしなかった私は、完全にはずしましたOTL

でも、今の我が国社会資本整備の最大の課題は、「想定外は防災施設整備の言い訳として許されない」を教訓とした国民の安全、安心の確保です。
頭にきたので、II-1を選択した上、課題の一つとして「安心、安全の確保」を挙げ、書きたいことを書き殴って参りました。

もう一問の、「建設産業の活性化」も「建設産業の再生と活性化に向けた方策2011」等の知識がある程度あったため、これを書こうとも考えましたが、やはりこのご時世、震災、津波、原発事故関連に触れないわけにはいけないと決意した次第であります。でも、冷静に考えるとチョット後悔してます。ハイ。

建設環境の専門問題は、都市計画、河川の技術士には正直言って素直で簡単な問題と感じました。
「低炭素都市づくり」「多自然川づくりの推進」の問題を選び解答しました。「これでA評定取れなかったらどうしよう、技術士廃業も考えなければならない。」と思われるほど自己評価では完璧な解答を書いたと自負しています。
※これでBとかCだと相当凹みます。というか、採点者を疑います。

まあ、とりあえず疲れました。
皆様も同様だと思います。
早めに解答事項の概要で構わないので、再現・整理を実施した上、盆休みに心身のリフレッシュに努め、来るべき第二ステージ(技術的体験論文&口頭試問)に備えて下さい。

タグ : 技術士 建設一般

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 | Copyright © 技術士受験徹底指導・詐欺士の添削塾 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。