H23河川、砂防及び海岸・海洋専門I・Aグループ・問題総括

これまでの3部門5科目の合格経験に基づき、貴方の技術士二次試験受験について徹底的にサポートさせていただきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年の河川、砂防及び海岸・海洋の専門問題I-1・Aグループの出題について振り返ってみたいと思います。
I-1 水分野における気候変化への適応策に関する下記の問いについて答えよ。
(1)気候変動に関するパネル(IPCC)は、2007年に発表した最新の報告書(第4次評価報告書)において、「温暖化には疑う余地がない」と断定した。このことを踏まえ、あなたの得意とする分野でどのような影響があるかを3つ以上挙げ、気象・水循環のプロセスを踏まえつつ述べよ。

(2)(1)で挙げた影響に対する適応策について、どのような施策メニューが考えられるか、あなたの考えるメニュー群をまず3種類以上に大分類した上で述べよ。

(3)アジア・太洋州地域において、早急に水災害分野における気候変化への適応策検討を進めていくことが求められているが、あなたが得意とする分野でどのような国際貢献を行なうべきか、我が国の取組を踏まえつつあなたの考えを述べよ。

I-2
(1)以下について説明せよ。
 ①「液状化の発生メカニズム」
 ②構造物の耐震設計に用いる「耐震法」
ただし、②の説明には設計震度並びに強震帯、中震帯及び弱震帯という言葉を含むこと。

(2)東北地方太平洋沖地震も踏まえ、今後の構造物の耐震設計のあり方について、あなたの考えを想定する地震動の強さに応じて具体的に記述せよ。

昨年は「事業再評価制度」「プロジェクトマネジメント」という非常に毛色の変わった問題が出され今年の動向に注目していましたが、今年はそれ以前の出題傾向に完全に戻ったというのが正直な感想です。
去年の問題では、「河川の設計屋さんには今後は技術士資格を与えない方針なのか」等と危惧しましたが、今年のI-2等はどっぷりと構造物設計に浸っている人でなければ解答困難です。去年は「タマタマ」だったのでしょうかね。
I-1は平成21年度にもほとんど同じ出題がされていました。このため、この問題に対する解答骨子等を学習した人はよく書けたのかなと考えます。ただ、平成21年度と比較して「3つ以上」「3種類以上」「アジア・太洋州地域における国際貢献」等、やたら「解答項目や数の具体的指定」が増えました。こうした付与条件をきちんと守りつつ解答するのはかなり大変だったと想定されます。
I-2はモロに震災ネタです。冒頭で示したとおり、昨年の出題では「もはや河川関連の設計屋は技術士は取れなくなるのか」と危惧しましたが、設計屋の皆様ご安心下さい。この問題は構造物設計に本当にどっぷり浸っていないと解答できないシロモノです。
河川構造物の耐震設計に関しては、国交省から平成19年に指針が示されています。ネタ本は間違いなくこれです。
指針によりますと、「本指針のレベル1地震動は従来の震度法による設計震度を踏襲して設定した」とあります。また、強震帯、中震帯、弱震帯は地域別補正係数czの区分のことで、それぞれ1.0、0.85、0.7を取ることになっているそうです。このあたりを織り込むことが付与条件になっています。
それにしても、説明に含む語句の指定等、I-1と同様、「解答事項の指定」がより顕著になったと考えます。 この分A評定の解答を書くには十分な予習が必要な感じがします。
いやいや、河川Aグループは昨年度の問題から、「今年は一体どんなものが出されるのか予測困難」な状況でしたが、蓋を開けてみると実にオーソドックスな問題だったというのが正直な感想です。
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 | Copyright © 技術士受験徹底指導・詐欺士の添削塾 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。