H23河川、砂防及び海岸・海洋専門I・Bグループ・問題総括

これまでの3部門5科目の合格経験に基づき、貴方の技術士二次試験受験について徹底的にサポートさせていただきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
河川、砂防及び海岸・海洋専門I専門問題のうち、Bグループの問題について私見に基づき振り返ってみたいと思います。
I-3 近年、局地的な大雨や集中豪雨に起因する中小河川における洪水等の水災害が多発している。これらの災害の特徴を踏まえ河川管理上の課題を述べるとともに、今後の水災害の監視、予測のあり方について論ぜよ。
I-4 一級水系の河床・河岸材料が砂利(代表粒経が2cm以上)で構成される河道区間(セグメント区分1、2-1)において、下記の条件のもとで生じうる河道縦断形状の変化及びそれに伴う河道横断形状・砂州・河床材料等の変化について説明せよ。

・当該区間の下流端において河床材料が砂の河道区間と接合する。
・当該区間は、当初、長期的に見て河道変動が小さい安定的な状態であったとする。
・その後、当該区間の上流端からの砂利供給量は減少し、流量については長期的な増減傾向がないとする。
・河道変化の過程において、河道掘削や床止工・護岸など河川構造物の設置といった人為作用の影響は考慮しなくてよいとする。
 
 また、それら河道変化がもたらす治水上の課題とそれに対する河道・河川構造物の維持管理の基本的考え方と具体的方策について論ぜよ。

I-5 地震発生後におけるダムの臨時点検に関する以下の問いに答えよ。
(1)ダムの堤体に関する臨時点検の実施内容(手順、点検項目とその理由)及び臨時点検の結果に応じたダムの安全性評価や必要な対応の考え方をコンクリートダム及びフィルダムの場合についてそれぞれ説明せよ。
(2)臨時点検の結果に応じたダムの安全性評価や必要な対応に係る的確な判断が可能となるよう、ダムの安全管理において留意すべき点について論ぜよ。

I-6 ダム下流の土砂環境に配慮した堆砂対策を検討する際に必要となる、堆砂にかかわるデータの種類と利用目的について説明せよ。また、ダム下流に土砂供給可能な堆砂対策手法を複数取り上げ、土砂環境への影響を含む適用性の観点からその特徴を論ぜよ。ただし、対象とするダムは、比較的長い運用年数を経験した洪水調節を目的に含む多目的ダムとする。
I-7 火山噴火による降灰の堆積後の降水を発生原因とする土石流に関し、その現象の特性を明らかにしつつ、土石流に対して講ずべき対策について、ハード・ソフト両面から述べるとともに、被害の生じるおそれのある区域及び時期の想定に関する調査についての考え方、手法及び調査実施上の留意点について述べよ。
I-8 地震により発生する土砂災害の形態とその特徴を述べるとともに、災害後の地域の安全を図るための対策の考え方について述べよ。
I-9 海岸堤防天端高の計画・設計の手順・方法について述べるとともに、最近の災害の特徴や海岸を取り巻く状況を踏まえた海岸堤防天端高設計のあり方について論ぜよ。
Ⅰ-10 海岸侵食対策のための調査の手順・方法について述べるとともに、海岸侵食の機構を踏まえて海岸侵食対策のあり方について論ぜよ。
I-3は毎度おなじみの防災・減災ネタの中小河川・都市型水害限定版といったところでしょうか。特徴は設問にもあるように、「河川管理上」「監視や予測のあり方といった情報収集や提供」につっこんだ解答が求められると思います。もしも今年私が受けたとすれば、間違いなくこれを選ぶと思います。
I-4はセグメント分類に基づいた河床材料。うーん、かなりマニアックですね。これはこの手の分析に基づいた河川整備計画策定等に具体的に携わった方じゃなければマトモに書けない気がします。
I-5は震災ネタと考えられます。普段こうした業務に従事しており、なおかつ先の大震災で点検に携わった方等なら、的確な解答が書けるのかな。また、フィルダムにも触れているので、震災で決壊、甚大な被害を出した福島県の藤沼ダム決壊について学習していた方も非常に役に立ったと思います。
I-6はダム限定の土砂管理ネタです。実際に既に長期間管理しているダムに排砂設備とかの追加を計画する業務等に携わっている方なら基礎的な知識があると思いますので書けたのではないでしょうか。
I-7は震災ではないですが、このところ大雨のたびに九州の新燃岳付近で土砂災害警報が出ていましたので、完全に時事ネタですね。勉強された方は多いと思いますしそうした方は満足な解答が書けたことと思います。
I-8も完全な震災ネタです。また、「地震に伴う土砂災害」ですので、東日本大震災では発生しませんでしたが、近年多発の「天然ダム」に深く傾倒した解答もありだと思います。
I-9も、これまた今年の出題ということを踏まえると震災ネタとしか考えられません。ただ、田老町防潮堤の全面的損壊と普代村の村を完全防御した防潮堤、どういう展開にするかは非常に難しいと思います。ただし、私ならやはり、「これまでの想定は施設整備で考慮」「これまでの想定外には多重防御も考慮」で書くと思います。
I-10は総合的土砂管理の海洋版です。離岸堤やヘッドランドが有効な対策ですが、こうした施設計画は海岸環境との兼ね合いで近年漁業者やサーファー等の反対運動も多いと聞きます。環境的な視点も重要となるのではないでしょうか。
以上、今年の河川、砂防及び海岸・海洋専門・Bグループは総体的に見るとかなり震災の影響を受けた出題となりました。
但し、私は出ると予測していたのですが、河口近くの築堤や護岸等の津波防御機能に関する設問がありませんでした。まあ、まだ、正式な設計手法など方針が決定していない現段階では出題は困難な気もしますが・・・。
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 | Copyright © 技術士受験徹底指導・詐欺士の添削塾 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。